ギンギンに硬くなった巨大な肉棒を・・・

 

br1

 

なんか暑い日が続くとアナルが疼きだし発展場に通う。

入ってシャワーを軽く浴びかなり濃いのを一発入れてヘロヘロで

通路をふらついているとスジ筋のイケメンがデカマラをギンギンにして僕のアナルを触ってきたので、

イケメンのデカマラをその場でくわえると、

大部屋に連れ込まれてアナルにローションなしてぶちこんでくるが

ガンギマリでトロトロなんですんなり根本までくわえこむと、

イケメンが『いいじゃねえか!もっと欲しいだろう』と

ギャラリーの奴等にこいつ廻してやろうぜ!の合言葉で複数が始まった。

僕はラッシュとエアーでアナルトロトロのパイパンのデカマラは

卑猥な汁がダラダラでリングが痛いくらい。

イケメンがこいつウケのくせにこのデカマラだぞと言い出し、

1人の奴がデカマラ縛ってやろうぜと紐で玉を縛りだした。

確かにキメると、

前に別の発展場で計られて20センチの太さ7センチだった。

次から次にアナルと口に種付けされて、

途中二本挿しなど好きに廻され種まみれで。

ようやくギャラリーがいなくなり

最初のイケメンが今紐取ってやるよと取られた瞬間にトコロテンで大量射精してしまった。

イケメンと二人でサウナに行き、

汗流して今度は個室で二人でキメたら廊下に出ろよと

鍵を開け出た瞬間に廊下にデカマラの奴等が目の色変えて寄ってきた。

後は朝まで何発種付けされたか記憶にないが風呂で出した種はかなりの量だった。

イケメンとアドレス交換して定期的に僕を処理に使ってくれるといい残し

スーツに着替えたイケメンを見てアナルがまた疼き出したので追加して大部屋に向かった。

88x31_2