ビビる程に飛んだザーメン

 

ゲイ動画BidanshiGakuen

 

この前行ったのは発展場は人も少なく、

これはハズレかなーと思っていた。

ふと見渡すと、かなり以前ここのハッテン場でやったことのある人を見かけた。

三十代半ばくらいの小柄ながら体格はよく、

ちんぽも大きいのだが、

シャイでおとなしい感じのタイプで積極的には相手に手を出さない。

でも気はあるようなそぶりだったので、

その時はこちらから攻めて殆ど一方的に口と手でイカしたんだけど、

その時のあえぎ声と射精の勢いがすんごくて・・・。

普通、仰向けになった状態で射精した場合、

たいてい腹の上あたりかよく飛んで自分の頭を越すかなって感じなのだけど、

こいつはそのまま真上に向かって白く大きな塊がドピューーーーーッとすごい勢いで吹き飛んだ!!!

(30センチ以上は飛んだ気がする)

その後も「あ゛~あ~あぉ~ おぉおぅっっ ぅはぁっ…!!」と

大きな男らしいあえぎ声と共にその辺りに勢いよく精液を撒き散らした。

思わず「す、すげぇ~!」と驚いたのを覚えていたからだ。

そして今回もやはりシャイな感じでいっこうにあちらから手を出してこない。

僕の寝ている近くで何度か突っ立っているところを見るとその気はありそうなので、

こちらから手を出しそいつの股間をまさぐっていると少しずつノッてくる。

だがどうやら僕のことは覚えていないようだ。

ちんぽを口に咥えると相変わらずデカくてカチンカチンに硬く、

カリ太で反っていて形もよい感じ。

あまりに美味そうなんで、

今回はだんだん口だけじゃものたらず、

アナルに欲しくなってきた・・・、

しかし、

あちらから入れてくる気配はまったくないので、

普段はわりと相手に合わせる

(入れるのを任せる)

僕も、そのときばかりはさすがに自分でローションを塗りこんで、

初めて自分からアナルに咥え込んだ。

びんびんになった旨そうな生ちんぽをずるずるずるっと奥まで飲み込むと、

めっちゃ快感が押し寄せてきて

「あ゛~っすげぇいいちんぽっ!!」と喘ぐと

同時に思わず「ドロ~ッ」とトコロテンしてしまった。

しかも少し動かしているだけなのに、

ドロドロドロ…ッとなかなか止まらない!

反ったカリが奥で前立腺付近を刺激しまくっているようだ。

やっべぇ~気持ちいぃ・・・

このちんぽ、すっげぇ気持ちいい。

頭が真っ白になりそうだ…。

相手も興奮し気持ちよくなってきたのか次第にノッってきて、

僕の身体をまさぐりながら勢いよくパンパンとアナルを突きあげてくる。

僕も普段では出ないようなよがり声をあげながら連続トコロテン。

まじ気持ちいい…まじ気持ちいいっ!!

自ら体位を変えながら突きまくってもらってるうち、

相手の様子からそろそろフィニッシュが近くなってきたようなので、

僕は「あ、ぁ、そのまま、そのまま…中で出して~っ!!その種、いっぱい奥までぶっ込んで欲しいよぉ~っっ!!」と思わず懇願。

そんなこと普段言ったこともないのに・・・。

それを聞いたそいつは、

正常位で腰の動きに激しさを増しパンパンと掘りまくってきた。

そして「んあっ、あ、出る出るっっ!」という言葉の後、

「あ~ぐう゛~ ぁ おおおお ぁああっっ・・・

んっ、はっはぁぁああ~~ぁっ!!!!」と

gayjapan

ドでかい喘ぎ声と共に僕の中に勢いよく発射した。

一瞬「でゅぷゅゅっ」という奇音が

僕のアナルの中でうねった。

あの天井を突く勢いで飛んだ白く大きな塊・・・

そんなスゲぇー馬種が僕のアナルの中で滝登りした瞬間だった。

僕はアナルの奥底に今まで感じたことのないほどのぞくぞく感を感じてしまい、

と同時に僕の勃起しまくっていたちんぽからも手を使わずにドピュっピュ~ッッと本イキしてしまった。

「あ~っあ゛~ すごぉぉっ、すごいぃ、まじすごぉいっ!!!」と

初の本イキのトコロテンで思わず自分でもびっくりしてしまった。

その後もすごい量の種が僕のアナルにドクドクと注がれていくのがしっかり分かり、

そのたび僕はもうこれ以上ないってくらい全身でぴくぴく感じてしまい自分でも何が何やら分からなくなってしまっていた。

それは今まで感じたことのない光悦感だった。

やっぱり自分から欲しがるほどのちんぽは、

それだけ魅力があって気持ちいいんだと思った。

こういう意識も、

種がアナルに当たる感触で自分もイッてしまう程の快感も初めてのことだったので、

これで僕も生ちんぽ・種付けがやめられなくなってしまうだろう・・・