エッチな噂が流れてる運動場で・・・・

 

br1

 

昼間降ってた雨も暗くなる頃には止んでたので車を飛ばしていつもの発展公園へ行った。

駐車場には何台かの車がアイドリング状態で停まってた。

とりあえず運動場へ歩いて入った。

でもベンチが濡れているせいか誰もいない…。

すると薄暗い外野の方に誰かいるのか動く影が見えた。

影はゆっくり遠回りする感じで近付いてくる。

僕はちょっとドキドキ。

近くまで来てやっと姿が見えた。

10代後半ぐらいの茶髪ピアスタンクトップにボロボロの穴だらけのジーンズのスジ筋。

ちょっと僕のタイプではなかった。

申し遅れたが僕は筋肉系で体も顔もゴツいアラサーでタイプの発展相手もガチムチ系ばかり。

だから彼も僕はタイプではないだろうと思ってた。

でも彼は「こんばんは」と僕の隣に座ってきた。

僕が煙草を取り出すと彼はライターに火を点けて差し出す。

「あ、ども…」

僕の煙草に火を点けると彼は自分の煙草に火を点けた。

「よく来るんすか?」

「いつも運動場で遣ってるんすか?」とか

質問責めにあって

「タイプなんすけどダメっすか?」と

背中に手を回してきた。

見た目の雰囲気と違い人懐っこい笑顔の彼に黙って微笑んでると彼に僕はセイジ君シャツを捲って脱がされてしまった。

「すげーいい体」と彼はチュッと乳首に吸い付く

僕はビクッと反応してしまうと彼はますます大胆になってくる。

乳首を吸われもう片方も指で摘まれ僕は彼のされるがまま状態に。

キスをしながらベルトを緩められズボンも下ろされてしまった。

「すげーエロい!」僕は六尺を締めてた。

ビンビンに勃起して突っ張った前袋から彼はチンポをひねり出ししゃぶりついてくる。

ジュポジュポ音を立ててしゃぶりながら緩んだ後みつの間から指で僕のアナルを探る。

指で突っつかれてついうわずった声が漏れる。

彼は指に唾をつけさらにねじ込んでくる。

六尺も全部ほどかれベンチで横になる僕の顔の横で彼も服を脱ぎ捨てて目の前に突き出されたチンポは20cmはあるかどうか、

太さも歯を立てずにするのがやっとのデカチン。

根元までくわえられずもがいているとアナルに冷たい感触がしてズボズボと乱暴に指を突っ込まれた。

デカチンを吐き出し大声を出してしまった。

グチョグチョと指でほぐしながら

「痛かった?大丈夫っすよね?」

僕は黙って頷いた。

「すげーいい顔してる」と彼、

僕はどんな顔してるのか少し気になった。

僕に足を抱えるように持たせ彼がいよいよアナルにチンポをあてがった時に『ガシャン』と

誰かがフェンスを乗り越える音がした。

ビックリして彼を見たけど

「平気、平気」と彼。

ちょっと心配な僕だったが彼のデカチンにアナルをググッと広げられまた大声が出そうになる。

アナルにズブズブとゆっくり入ってくるデカチンに堪えきれず「うーーーーっ」と呻いてしまった。

ベンチの外で誰かが中の様子を伺ってるのが見えたが奥にぶち当たってもまだ入ってくるデカチンに圧倒されそれどころではない。

「すげーその顔たまんねぇすよ」彼は囁く。

ハッと気付くと覗いてた奴はすぐ近くまで来ていた。

が、

顔を見て安心したような恥ずかしいような…。

奴は此処で何度か遣った事があるセイジ君だった。

「よっ!」と笑いながら声をかけるセイジ君はガッチビのたしか26歳だったかな。

「知り合い?」彼が尋ねるとセイジ君は彼にも挨拶。

「すげー!もう汁ダラダラじゃん」と僕のチンポ見てセイジ君が言う。

手で隠そうとするとセイジ君に手を掴まれた。

抱えてた足は彼が両足首を捕ってケツが突き出るように僕の胸に倒すとズコズコと激しく腰を振り始める。

「うはっ!ああっ!」とよがる僕手をセイジ君は僕の六尺で僕の手を縛り頭の下に置かせた。

セイジ君は下着ごとズボンを下ろすと声を上げる口にチンポをねじ込みながら僕の乳首をクリクリと責めてくる。

セイジ君のチンポは平均的なサイズだが硬く上反ってるから無理矢理突っ込まれると嗚咽が止まらない。

彼はそんな僕を見て凄く興奮してる様子で腰の振りがまた激しくなる。

チンポの付け根がキューとなってこみ上げてくるのがわかる。

たまらずセイジ君のチンポを吐き出し

「うあ、あ、出るっ出るっ!」と

泣き声で訴えたと同時に僕はドロドロとザーメンを漏らした。

彼とセイジ君は2人で口を揃えて

「おお、すげー!」

しかし2人の責めは止まらない。

イッて敏感になった乳首を責められ身を捩るけれど足を押さえられながらグボグボとアナル掘られ続ける。

「うっ!くっ!はあっ!」

僕はセイジ君のチンポしゃぶるどころではない。

小便が出そうな感覚に

「ああ、あ、アナル壊れる!」と訴えたが

彼は止めてくれそうにない。

「も、もうダメっ!もうダメっ!」

そう言いながらも僕のチンポはダラダラとザーメンを漏らしてた。

彼はセイジ君に「交代します?」と尋ね

アナルからチンポを抜いた。

ズルッと抜かれたデカチンを見てセイジ君は

「うお!でけぇ~!こんなん入ってたんかよ」と

彼ののグチョグチョなデカチンを握り締めた。

彼に変わってセイジ君がチンポを入れてきたが

「すっげガバガバだぜ~」と笑う。

彼は僕の横にしゃがんでキスすると

「年上の泣かすのすげー興奮する、兄貴厳ついからたまんねぇ!トコロテンもするし、な!変態兄貴」と

乳首を抓り上げる。

「ガバガバでダメだぁ」

セイジ君はチンポ抜くと持ってたタオルで拭きながらまたしゃぶらせにくる。

「ダメっすか?」と笑いながら彼。

再びローションをアナルに塗られて一気にデカチンが入ってくる。

口にはセイジ君のチンポに乳首責め。

「おら、また兄貴のチンポすげー汁垂れてんぜ」

「んぐ、んんんっ!」

声にならない声を上げてるとズボッと口からチンポ抜かれて「イクぞ、イクぞ!」と

チンポしごくセイジ君、

小さく「うっ」と呻いて僕に顔射。

口とまわりの髭にベッタリ絡むザーメンをセイジ君は指ですくって舐めさせる。

それを見て興奮したのか彼は「おお~!」

ガツンガツンと激しく突いてくる。

「あああああ~っ」

僕はまたしてもザーメンを漏らしてしまった。

彼も「ああ、兄貴イッちゃうイッちゃう!」と

アナルに熱いザーメンを種付け。

激しかったピストンが一時止まったがまたゆっくりと動きだす。

彼のデカチンは萎えずに僕のアナルの奥を突いてくる。

頭を上げて結合部を見ようとするが

「兄貴のケツすげーグチョグチョで気持ちいい」と彼。

セイジ君も今度は彼の乳首を吸ったりキスをしている。

88x31_2