露出オナしたら、掘ってもらった。

 

br1

 

先日、久しぶりに地元で野外露出しようと思い立ち、

ネットの掲示板に予告を投稿して。

エッチな下着を履いて目的の場所で車内待機。

でも全然ギャラリー集まってこないから、

仕方なく後部座席で四つんばいになり

ドアを開けOバック下着の

アナルを外に丸見えの状態で、

グリグリとディルドでアナニーしてた。

すると「あんた変態か。

ヤバすぎでしょ」と声がし

「こういうの趣味なんだ。

手伝うよ」と言って、

ディルドを掴んでアナルに出し入れしながら

下着からハミ出てるチンコをまさぐり

「おおぉ!超ギンギンじゃん。

変態だね」と聞いて来る

顔をそっちに向けようとすると

「ダメ、顔知らないほうが興奮するでしょ!」と

笑って拒否られた。

確かに見えないから怖いのと気持ちいいのが半々、

「わかりました、僕を玩具にしてください」と返事をして

彼が動かすディルドの快感に集中した。

しばらくディルドを動かし、

ディルドを抜いて指でアナルを掻き回して、

「すごい、中がヌルヌルですよ。卑猥な液体出ちゃってるね」と

アナルの淵をなぞりながら囁いてきた。

僕がビクンと反応してると、

何の断りも合図も無く一気にズブブッとアナルに

彼のイチモツが入って来た。

「うあぁ~いきなりぃ!でも気持ちいいです」と

アンアンと声を上げ、

更に「もっと、もっと突いて」と懇願してみた。

正体不明、顔も確認できない、赤の他人に

アナルを犯されるシュチエーションに興奮は高まるばかり。

「うはぁ気持ちいい、もう逝きそうだよ、一緒に逝こうか」と

僕の亀頭をこねくり回すようにシゴいた。

そのままアナルから一気にイチモツを引抜き、

熱いザーメンを僕の背中に飛び散らせた。

「いやぁ~最高だったよ、

汚しちゃってゴメンね」と言って帰っていった。

もう会う事も無いかもしれない、

会っても認識もできない

そんな後腐れない爽やかな交わりでした。

88x31_2