俺ってエッチなカンフル剤にされたかも・・・

 

br1

 

この前、先輩とその友達のヒカルと飲みに行き、

その後、ヒカルのアパートヘ遊びに行った。

ヒカルは童顔で年下の俺から見ても

可愛い感じの弟みたいな親しみやすさがあった。

深夜までワイワイガヤガヤ盛り上がり

結局ヒカルのアパートに泊まることにした。

スヤスヤ寝てた俺はチンポに何かを感じて目が覚めた。

正直エロい夢でも見て夢精でもしてしまったのかと思って、

下半身を見てみるとヒカルが俺のチンポを触っていた。

夢精と疑うほどここ最近、

抜いていなくて俺のチンポは無意識に反応しギンギンに硬くなっていた。

隣に先輩もいるのに!と思って横を見ると

先輩も起きていて俺にキスをしてきた。

口とチンポが同時に責められるとこれが

思いのほか気持ちよくて気持ちよくて、

自ら服を脱ぎ全裸になった。

ヒカルは俺のチンポをしゃぶりつつ、

ケツにも指を入れてきた。

先輩は仰向けの俺に跨がり、

太い黒光りしたチンポを口に突っ込んできた。

ヒカルの指はウネウネとアナルの中で動き、

指もどんどん増えていき、

めっちゃ興奮していた。

そして、先輩はチンポを抜き、

ヒカルと位置を交換して直ぐに

俺のケツにチンポあてがいゆっくりと俺のアナルに入ってゆく。

根元までチンポが全部入ったのをワザワザ報告し、

先輩は腰を振りだした。

太いチンポは圧迫感が凄すぎて前立腺をグリグリ刺激し、

さらに今度はヒカルが口にチンポ挿入してきだして

ケツに先輩のチンポ、

口にはヒカルのチンポ、

この状況に俺はすごく淫乱になってた。

ヒカルの硬いチンポからザーメンが溢れ出し、

口の中は青臭いザーメンの味でいっぱいになっていった。

それから先輩とヒカルが交換し、

ザーメンでいっぱいの俺の口には

先輩の太いチンポが挿入され、

太すぎて行き場のなくなったザーメンを

沢山飲むはめになった。

さっきイッタばっかりなのにヒカルのチンポは萎えることなく、

すぐさま俺のアナルを攻めだした。

俺の口とアナルを犯しながら、

二人はキスしたりイチャイチャ。

そしてヒカルが俺のチンポを扱きながら

「イキそうだ。あ~イクぞ。中に出すよ」と

俺の中にザーメンを種付けした。

ビクビクとヒカルのチンポが跳ね上がるたびに、

前立腺を刺激しビックリする程のすごい量のザーメンが出た。

先輩は俺の口を犯し終わって俺の顔にザーメンをブッ掛けて果てた。

アナリの気持ち良さに意識朦朧としてたら

二人は更にエッチしだして

いつもより興奮したな~等の感想を言いながら

キャッキャしてた。

もしかして俺、この二人のカンフル剤にされただけじゃ・・・