大学生が工事現場に連れ込まれてしまったら・・・

 

88x31_2

 

僕は大学生です。

週末に性欲が抑えられなくて掲示板でタチを募集して待ち合わせをしました。

出会ってみるとその人は、ワイルド系のお兄さんでした。

お兄さんの車に乗ると

「バックは使えるよね?」と言われ、

工事現場に連れていかれました。

車のシートを倒され、お兄さんは下半身だけ脱ぎました。

「しゃぶれよ!!」と言い

喉奥までガンガン突きだしたんです。

僕は苦しくて泣きそうになったけど、必死にしゃぶりました。

すぐにビンビンになって、

「そろそろ欲しいだろ?」と言うと、

ローションもつけずに僕のケツマンにねじこんできました。

「痛いです!抜いてください」と訴える

僕の表情を楽しむように腰を激しく振ってきます。

15分ぐらい経つと痛みは快感に変わり自分から腰を振ってあえいでしまいました。

彼の腰使いが激しくなり、


「中に出して欲しいか?俺のザーメンでアナルを満たすからな!」と叫び、

身体をねじって逃げようとしたけど、狭い車の中なので抵抗できず、

「イクぞ!!ケツ締めろ!」と

おもいっきり種付けされました。

これでおわったと思ったら、

彼のチンポは僕のアナルの中でまだまだ萎えません。

「まだまだ終わんねーぞ!!」と宣言したんです。

1発目の精子でグチュグチュのケツマンはトロトロになってて、

ガンガン掘られて彼はにやにやしながら唾を飲ませてきました。

2発目もたっぷり仕込むと、お兄さんは

「今度は手足縛らせてくれ」と言ってくれて、

すごく気に入ってくれたみたいなので、

しばらくはお兄さんの性処理としてこれから使われることになりそうです。