筋肉ダルマ達にガンガン掘られた・・・

 

ゲイ動画BidanshiGakuen

 

僕のタイプはゴリゴリの筋肉質の奴。

大胸筋とかたまらない。

まあ最近は華奢なのが多いからあまり期待しないで行ったら、

早速ロッカーで着替えている190cm近い筋肉ダルマを見つけた。

Tシャツの上からも分かる胸の盛り上がりとゴツい腕。

またシャツを脱いだら、

すげー腹筋とカットが効いている胸筋。

そのビルダーは全裸で奥の方に行ったんで、

僕も追いかけた。

んでダメもとで手を出したところ、

OKということで個室に誘ってくれた。

個室の中で仁王立ちになっている筋肉ダルマは僕の頭を掴んで、

無理矢理デカマラをくわえさせた。

20はあるデカマラを腰を使って口マンを犯していたが、

僕は筋肉ダルマの胸筋と腹筋を手で味わっていた。

下から見上げる胸板はすげー盛り上がりだった。

たっぷりとデカマラを濡らしたあと、

筋肉ダルマは僕を四つん這いにさせた。

その個室は周りが鏡張りですげえ筋肉ダルマの裸が見える。

筋肉ダルマは、

僕のアナルにたっぷりとローションを塗り付けて、

生デカマラをぶち込んだ。

パンパン音を鳴り響かせて突き刺している。

前の鏡を見ると、

胸板をピクピク動かして、

満足そうな顔をしている筋肉ダルマがいる。

「おら、気持ちいいか」

「たまんねえぜ、このアナル・・・、もっと声を出せよ」

いい感じの言葉で攻めてくれる。


僕達の声を聞き付けたのか、

一人別の奴が個室に入って来た。

そいつもかなりの筋肉質で、

最初は自分のマラをしごきながら僕達の行為を見ていたが、

筋肉ダルマがそいつの手を引っ張り、

僕の前に立たせた。

筋肉ダルマがそいつに

「しゃぶってもらえよ」って言うと

そいつは僕の口マンに突っ込んできた。

僕は完全に四つん這い状態で、

上下の口をふさがれた。

後から来た奴もノリがよく、

僕の口マンを犯しながら、

筋肉ダルマと舌を絡ませていた。

またマラビンタをしながら、

僕の口マンに出し入れしている。

筋肉ダルマの腰使いが速くなってきたとき、

「もうたまんねえ、

たっぷり種付けしてやるぜ」と耳元で言われたあと、

僕のケツをわしづかみし、

「おらぁ!イクぜ!」と叫んだあと、

たっぷりとアナルにザーメンを流し込んだ。

その後、口マンを犯して兄貴が、

グチョグチョの僕のアナルにぶち込んできた。

ケツを掘られている時、

僕の口は筋肉ダルマのデカマラのザーメンを舐めていた。

「俺も種付けするぜ!イクぜ」と叫んだあと、

二度目のザーメンが流し込まれた。

88x31_2