発展場とは知らずに入って、

 

br1

 

サウナなんですが、

発展場とは知らずに入ってしまう。

浅草に有る、大番会館。

浴衣に着替え、ミックスルームヘ。

人があまり居ないので、

布団に、潜り込み寝る。

しばらくすると、

隣りで、男同士が、

やり始めた。

俺の側にも、男が来て、

お兄さん、イケメンだねと、

言いながら、

俺の、胸を、軽く揉みだす。

お兄さんの胸ってけっこう柔らかいね、

と言いながら、

乳首を弄りだす。

俺は、思わず声が、

あ〜、すると、

男は、乳首を舐めだす、

お兄さんの1番敏感な所だ、

と言いながら、

チンポを触る。

我慢してた、声が、

あ〜い〜と、

男は、お兄さんの声良いね〜もっと聞きたいと、

言いながら、愛撫を。

男が、愛撫を止め、勃起したチンポを、

俺の顔に、俺は、男のチンポを、

舐めた。

お兄さん、フェラ上手いね〜、

口の中に出したいよ。

男は、口から、

チンポを抜き、

マタ愛撫を始めた。

チンポを触っていた、

手が、俺の、尻に、指が、

穴に触れてきた、


お兄さん、

ケツ穴使った事有るの、

と、俺は、玩具なら、

入れて遊んだ事有るよ、

アナニーってやつ。

本物は入れた事無い、

すると、男が、じゃ〜、

俺が最初の男になっても良いかい、

と、俺は、良いよ、

と、思わずに言ってしまった。

男は、ローションを指に付けて、

アナルを、

マッサージしながら指を挿入してきた、

1本が根元まで入ると、

指を動かしてきた。

指を2本入れるよと、

言って、2本入れてきた。

根元まで入る、

声が、お願い〜、

本物ちょおだい、

と、男は、生で良い、

と、俺は、

生中に種出して〜、

男の、チンポ、が、

俺のケツ穴の皺を伸ばしながら、

入ってくる。

チンポが入ってきた。

お兄さんのケツマン、

良い具合だよ、

俺のチンポが、

吸い寄せられるくらい、

最高だよと言いピストンしてきた。

お兄さん中出すよ良いね。

俺は、声を出しながら、

いっぱい、出して、

と、男の、声が、

うっ、そして、

お兄さんの中に、

出したよ、

すると、俺のケツマンから、

チンポを抜きだすと俺は男のチンポを掃除フェラしていた。

男が、有り難う、と、

俺の側から離れた。

俺も布団から出ようとしたら、

周りに数人の男が、

俺達のセックスを見て。

俺は、素早くその場を離れた。

88x31_2