深夜の公園で

 

 

ゲイ動画BidanshiGakuen

 

俺はゴリゴリに鍛えてる170/90、

30台の短髪ラウンド髭のガチムチウケ。

この前キツい足トレの後どうしてもムラムラが収まらず、

アプリで知り合ったガチムチ野郎と深夜のハッテン公園で発展する約束をした。

公園入り口で会い、

茂みに移動し早速相手の太マラにしゃぶりついた。

事前にセーフでお願いしていたためポケットからゴムを取り出し装着させ、

俺はタンクトップを脱ぎケツワレを履いたままバッグで挿入された。

掘られ始めて少し経つとギャラリーが3人ほど集まってきて、

俺や相手の体を触り始めた。

ガチムチにしか興味のない俺には、

細身で初老のオヤジたちは完全にタイプ外だったので拒否。

相手も身体を弄ってくる手を払いのけ断っているようだった。

とは言え見られていることに多少は興奮した俺は、

そいつらに見せつけるように喘ぎ声を出しながらケツを掘られ続け、

しばらくすると相手もゴムの中で果て、

一息つくとお礼をして足早に去っていった。

俺も服を着てスマホをいじったりして少し休憩し、

帰ろうと歩き始めるとさっきみていた3人が近寄ってきて一斉に俺の体を弄りはじめた。

完全にタイプ外のオヤジであったため俺は無理やり抜け出そうとしたが3人に挟まれ身動きが取れず、

さらに敏感な乳首を責められ不覚にも感じてしまいその場に拘束された。

そうこうしているうちに短パンを引きずりおろされ、

ケツワレのサイドから俺のちんぽを露出させ、

しゃぶり始めた。

タイプ外のオヤジのフェラは不快だったがテクニックがあり、

さらに俺はさっきのセックスでイってなかったため、



すぐに反応し不覚にもガチガチに勃起してしまった。

なおもしゃぶられ続けていると、

後ろから硬いものがケツにあてがわれた。

これはまずいと思ったが、

さっきのセックスで緩んだケツにあっという間にナマのチンポが挿入された。

あまりに不快で抜け出そうとしたが、

後ろからケツワレのゴムをガッチリ掴まれながら挿入され、

前は俺の太ももを両腕で抑えながらフェラされ、

脇から体をおさえ、

乳首を舐められていたため抜け出せず、

そのままガン掘りされてしまった。

抵抗したが、

「チンポ大好きなんだろ?変態マンコに仕込んでやるよ」と言葉攻めされながら犯され続け、

結局オヤジ3人に中出しされてしまった。

また掘られている間も1人のオヤジに身体中舐められ続け、

汗とくさい唾液で全身びっしょりだった。

すぐその場を離れようと服を着てズボンをずり上げ帰ろうとしたら、

去り際に「ケツん中ぐちょぐちょだぞ、

種仕込んでやったからなガチムチ坊や」と罵られ、

俺は無言で立ち去った。

家に帰ってケツにシャワーを当て、

手で洗っていると今までにないくらいパックリけつ穴が開いていて、

少し力むとオヤジたちにつけられた種が開かれた穴からべっとり出てきて強烈なニオイを放っていた。

あまりに屈辱的な体験だった。

88x31_2