中出しされてしまった高一少年

 

gayjapan

 

まだ自分が高1の頃でした。

夏休み、背伸びをして都内のポルノ映画館に行った時の事です。

そこは今ではもう閉館して残っていませんが当時は割と有名なハッテン映画館でした。

もちろん当時の私はそんな事を知るはずもなく、

ドキドキしながらひたすら映画を見ていました。

やがて30代位の人が私の隣に座ります。

館内は混んでいると言う程ではなく、席もかなり空いていたのに何で隣にと私は思いました。

しかしそんな事はすぐに忘れて映画の方に意識を戻しました。

1本目の映画が終わり、2本目の映画が始まってすぐの事でした。

私の太股にチラチラと隣の人の指が触れてきます。

最初は気にしなかったのですが、やがてハッキリと私の腿を撫で始めました。

もうこうなると映画どころではありませんでした。

ハッキリ言って気の弱い所があった私はその手を払いのける事が出来ません。

そのことに気を良くしたのか、その手はやがて私の股間にまで伸びてきました。

ズボンの下はガチガチに勃起したチンコがあります。

それを見知らぬ他人に触られていると思うと恥ずかしさよりもひどく興奮している自分に気付きました。

それまでは男とはもちろん女性との経験も無かったので、

他人にチンコを愛撫されるのは初めての経験でした。

隣の男の人の手はどんどんと大胆になり、

もう片方の手で私の胸をまさぐってきます。

私は恐怖心と羞恥心と快楽の入り交じった何とも言えない感覚にとらわれていました。

その時回りに気配を感じて見回すと数人の男達が私を見ていました。

その瞬間私は急に恥ずかしくなり、それまでは動けなかったのが嘘のように立ち上がる事が出来ました。

私は急いで映写室を出て外に向かいます。

しかしチンコは勃起したままでした。

このままでは外に出られません。

私は仕方なく映画館のベンチで興奮が醒めるのを待つ事にしました。

いえ、もしかしたら私は先ほどの人が来てくれるのを待っていたのかも知れません。

そしてその期待はすぐに現実のものになりました。

「コーヒー 飲むかい?」 と

私の目の前に缶コーヒーを差し出しながら先ほどの人が立っていました。

明るいところで見ると館内の時とは印象が違って優しそうな人でした。

私は先ほどの事で口の中がカラカラでしたので、礼を言って受け取ります。

「びっくりした?悪かったね」

たぶんそんな事を言われたと思います。

ただ私は先ほどの事が頭の中でグルグルと渦巻いていて何を話したかを覚えていません。

たぶん適当に相づちをうっていたと思います。

「時間があるならウチに来ないか?」

そう言われて私は思わず頷いていました。

なぜ拒否しなかったのか今でもわかりません。

彼は立ち上がると私について来るように言います。

そのまま映画館を出てタクシーに乗り込みました。

「渋谷、神宮前」 運転手に短くそう伝えると私も彼も黙って外の町並みを見ていました。

今から思えば随分と危険な行動だったと思います。

相手が何者なのかも知らずにフラフラと誘われるがままに付いて行ってしまったのですから。

やがてタクシーが目的地近くになると彼は行き先を細かく指定し、そしてマンションの前に止まりました。

「散らかっているけど上がってよ」

彼はそう言って私を部屋に招き入れました。

どこにでもあるような普通のワンルームタイプのマンションでした。

ベッドのすみに腰掛け、彼が私に触れてきたとき思わず私は身を固くしてしまいました。

「もしかして初めて?」

そう聞かれて私が頷くと、彼は私を立たせてゆっくりと服を脱がしてくれました。

明るい部屋で私が下着一枚だけになると

「君ばっかり裸じゃね」 と言って彼も着ているモノを脱ぎ、そして私の目の前で全裸になりました。

彼の体は日焼けはしているモノの適度に筋肉の付いた普通の体でした。

ただ彼のチンコは既に完全に勃起して、先走りで亀頭がぬれているのが分かります。

br1

他人のチンコを見るのは初めてではありません。

けれども完全に勃起したモノを近くで見るのは初めてでした。

彼のチンコは私のよりも大きくゴツゴツとした感じでした。

私は彼のチンコに目が釘付けになっていたと思います。

やがて彼は私の下着に手をかけてするりとおろしました。

私のチンコも痛いくらいに勃起しています。

「初めてにしては随分と元気だな」

そう言って彼は私のを握ると軽く扱き始めました。

同時に私の乳首にも触れてきます。

私は初めての愛撫に膝が震えてしまい、立っている事がやっとでした。

「人に扱かれるのは気持ちいいだろう?

でもこれはもっと良いぞ」 そう言って跪くと私のチンコをくわえます。

ところが私は彼が一二度首を前後しただけで暴発してしまいました。

先ほどからの興奮状態と彼の愛撫に童貞だった私が耐えられる筈は無かったのです。

しかし彼は私の精液を全て飲み干すとそのまま尺八を続けます。

射精した直後で敏感になっている私は思わず悲鳴のような声を挙げてしまいました。

「おっと、あまり大声を出さないでくれよ。

隣に聞かれたら困る」 そして私をベッドに座らせると、彼は私の目の前に勃起した彼のモノを突き出しました。

「嘗めてくれるか?初めてでいやならしなくても良いぞ」

そう言われた私でしたが、その時は何の抵抗もなく彼のチンコに手を伸ばしそのまま口に含みました。

彼のチンコはとても大きく、くわえるだけどもやっとでした。

「歯を立てるな。ゆっくりとだ」

身も知らぬ他人のチンコで口を犯されている。

そう考えただけで私は興奮が高まってくるのを感じていました。

やがて彼は私の口からチンコを引き抜くと、私をベッドに寝かせます。

そしてサイドボードからラッシュの小瓶とオイルを取り出し、私の尻にオイルを塗り始めました。

「痛いときは言ってくれ。出来るだけ優しくするから」

最初はアナルの回りを指でほぐす感じでしたが、やがて指が一本中に入ってきました。

初めての異物感に私は恐怖を感じていました。

しかしそれよりも彼にこれから犯させると思うと興奮が強かったのを覚えています。

一本だった指が二本になったとき、初めて痛みを感じました。

私は黙って我慢していましたが、

彼は私の痛みに気付いたのか無理に指を入れようとはしません。

「痛いのを我慢するなよ」

そう言って丹念にアナルの筋肉をほぐしてくれます。

その間も彼は私のチンコや乳首に愛撫を忘れる事はありませんでした。

やがて指二本では痛みを感じなくなった頃に

「もう良いかな、四つんばいになってみな」 と言いました。

私が四つんばいになると彼は茶色の小瓶を私の鼻先に持ってきました。

「ゆっくりと胸一杯に吸い込んでみな。

痛みが和らぐから」 私は言われるままに息を吸います。

濃いシンナーの様な臭いが鼻を突きましたが、すぐに全身が熱くなってきました。

心臓は激しく打ち、頭がふらついてきます。

彼は自分のチンコにたっぷりとオイルを塗ると、私のアナルにあてがってきました。

「行くぞ、力を抜け」 そう言って彼のチンコがゆっくりと私の中に入って来ます。

すぐにも痛みがおそって来ました。

「痛い。痛いです」

私がそう言うと彼は挿入を止めます。

そして暫くじっとしていると再び入り始めます。

「大丈夫、ゆっくりと行くから。力を抜くんだ。」

私は激しい痛みに懸命に耐えていました。

彼は何度も挿入を中断して私が慣れるのを待ってくれました。

「よし、全部入った。」

今度は意識して肺の奥まで吸い込みました。

興奮が心臓の奥からどんどんわき上がってきます。

萎えていた私のチンコも再び固くなり始めました。

「動かすぞ。痛かったら言ってくれ」

最初はこすれる彼のチンコの堅さに痛みがありましたが、

すぐにそれも小さくなっていきました。

彼はゆっくりとチンコを出し入れしていましたが、私のチンコが再び勃起しているのに気付くと

「もう痛くないな。」 と言って

だんだんと動きを激しくし始めます。

私はもう痛みを感じていませんでした。

それどころか突き上げられるうちに何とも言えない感覚が私を支配していました。

彼は私からチンコを引き抜くと今度は私を仰向けにします。

そして両足を抱えると再びチンコを付き入れてきました。

今度は先ほどと違い、一気に根本まで挿入します。

私はもう痛みを感じませんでした。

それどころか明らかに快楽を感じていました。

口からは自然と声が漏れます。

彼は私のチンコにもオイルを垂らすと扱き始めました。

私はあまりの快楽にすぐにも射精してしまいました。

やがて彼の腰の動きが激しくなり、動物の様な声をあげて私の中に射精しました。

彼とはそれっきりです。

電話番号もメアドも交換せずに帰りました。

ただ初めての相手が彼で良かったと今でも思っています。

88x31_2