九州一の発展場!!

 

br1

 

先週の火曜日、

仕事が休みだったので、

昼間でも開いている発展場に4時ごろ入った。

シャワーを浴びて、

お尻をきれいにして、

白くちっちゃいビキニの下着をつけて、

ガウンを羽織って、

2階のミックスルームへ。

ガウンを脱いでうつ伏せでしばらく待っていると、

人の気配が。

お尻の穴あたりをそっと撫でてくる。

体をもじもじさせていると、

指が乳首を這い回ってくる。

乳首が感じる僕は、

「アンッ」と声を出してしまい、

乳首とお尻の穴をずっといじってくる。

ビキニを脱がされ、指につばをつけて、

お尻の穴に指を入れようとしてくる。

僕は横に置いてあったローションを手渡す。

その人はローションをたっぷりとお尻の穴に塗りつけ、

バックから入れようとしてきた。

が…立ちが悪いらしくなかなか入らない。

ローションつけすぎたせいにしてるけど、

多分立ちが悪いせい。

すごく気持ちが冷めてきたが、

正常位に持ち込んで、何とか挿入。

その後も体位を変えようとして、

抜いてはまた入らないの繰り返し。

本人はすごく満足していて、

僕を後ろからぎゅっと抱きしめ、

「こうしてるだけでいいから」と言ってきたが、

こちらはすごく中途半端な状態にさせられ、

すっかり冷め切ってしまい、申し訳ないけど、

その人にはごめんなさいした。

ついたての向こうには3人くらい人がいて、

普通にしゃべりながら、

時々プレイしている感じ。

僕は、声を出していたこともあり、

ちょっと出て行くのが恥ずかしくて、

早くその人たちが出て行かないかな、

と思いながら、そのまま横になっていた。

すると、そのうちの2人がこちらにやってきた。

そして、2人がかりで僕の体を撫で回してきた。

輪姦願望があり、少しMっ気のある僕は、

恥ずかしいけど、気持ちよくって、よがり声を上げる。

1人が、

「まさかローションとか持ってないよな?」と言いながらすぐにローションを見つけて、

「持ってたよ~。」と嘲る感じで僕をからかう。

恥ずかしさに横を向く僕に、

もう一人が

「ローション借りるね~」と、

やはりバカにした感じで僕に言い、

両足首を片手で持って、高々と持ち上げる。

一人がローションを晒されたお尻の穴に塗りつけ、

指を1本入れてくると、

「やべ~、すごい締まる」と言ってきた。

すごく恥ずかしいけど、

指マンされて感じまくっていた。

指の代わりにちんぽを押し付けてくる。

一度顔の前にちんぽを持ってきて、

しゃぶって立たせられる。

硬くなったところで正常位で一気に挿入。

そのままガンガン掘り込んできた。

僕も気持ちいいところを突かれて、

よがり声を上げ続ける。

88x31_2

耳元で、「中に出すね」と言われ、ついうなづいてしまう。

うなり声を上げながら、最後の一突き、

腰の動きが止まった。中で出されてる…。

何度か腰を打ち付けられ、最後の一滴まで搾り出されるようにすると、

ちんぽを引き抜いた。

ティッシュでさっと後処理して、2人はついたての向こうへ。

ついたての向こうでまた3人で多分僕の話をしているよう。

馬鹿にしたような笑い声が聞こえてきて、

ますます恥ずかしさが増した。

そうこうしていると、

そのうちの一人がまた現れて、

何も言わずにまた正常位でガン掘り。

そして何も言わずに腰を振り続け、

いったのか、

ちんぽを抜いてまたついたての向こうに行ってしまう。

3人はそれ以外のときは普通に話していて、

精液を出すときだけ、

僕のお尻の穴を使いに来ているよう。

本当に精液便所にさせられたような感じがする。

そのうちの2人はメシ食いに行くから帰る、

と言って、

降りていった。もう一人はしばらくそこに残っていたが、

こちらに来て、

かけていた毛布を取り去り、まんぐり返しみたいな体勢でまた掘ってきた。

今度は周りに誰もいないので、

よがり声を我慢もせずに突かれるだけ突かれる。

そしてやっぱり中だしでフィニッシュ。

さっきの2人がまた戻ってきたよう。

話を聞いていると、

最後の男はその中の一人とやるつもりだったけど、

先にその人が帰るって言ってたので、

代用品で僕のお尻を使ったよう。

恥ずかしさと屈辱感でいっぱいだった。

その3人がようやく帰る気配がしたので、

シャワーを浴びにいき、お尻に力を入れると、

おびただしい量の精液がボトボトとあふれ出てきた。

タオルで体を拭き、帰ろうかとも思ったが、

まだ時間がある。

もう一度ビキニを身に着け、

2階に上ると、後から中年ぽい人が上がってきた。

年上好きの僕は、お尻に指が這い回ってくると、

自ら腰を上げてお尻を突き出した四つん這いの体勢になる。

その人は散々ビキニの上から撫で回すと、

ビキニを剥いてバックから挿入してきた。

体が感じるのは正常位だけど、

バックから犯されるのは、

屈辱感が増してどんどん気持ちが高ぶり、

よがり声もひときわ高くなる。

最後はその人にも後ろから種付けしてもらえた。

もう一度シャワーを浴びたときもお尻から精液が垂れてきた。

結局1日に5人に犯されて、うち4人から中だしされた。

今までで一番多い人数。

こんなに精液便所みたいな犯され方をして、

まだされてみたいと思う。

最近の自分が怖くなってしまう。

でも、もう戻れないんだろうな。

88x31_2