ハンサム男の奴隷

 

 

僕は大学3年のなおきです。

高校生の時から男の人の奴隷になって

犯されたいと思うようになり

ゲイのマッチングアプリに

奴隷になりたいですと書き込みました。

何件もの書き込みからこの人にしてみようと思い

一週間ぐらい連絡を取り合いその人と会うことになりました。

会う日になり待ち合わせ場所に行けば

優しそうなハンサムな男の方で僕より年上の方でした。

彼が家近いから行こうてなり

そのまま彼の家に行き玄関に入った瞬間に

彼の顔がガラッと変わり

濃厚なディープキスをしてきました。

そのまま寝室に行き彼のアレをフェラし


彼が興奮し慣らさずに僕のアナルに挿入してきました。

俺は痛いから抜いて言うとそり

一層深い所まで入れてきました。

そのまま何度も犯され中出しされ

体が起き上がらない程にされました。

そのまま気を失う用に眠り

目を覚ませばまたハンサム男に犯されましたその後

俺はハンサム男に犯され堕ちました。

今は彼の家で淫紋付きの奴隷として

彼を朝フェラーで起こし彼が起きたら犯され中出しされ

その中出ししたアナルに巨根玩具で栓をされ

縄と手錠とベルトで拘束され彼は仕事に行きました。

彼が帰って来たら輪姦と露出したりして

僕は奴隷として楽しんでます。

 

※2021年2月23日投稿作品の再掲載になります。

88x31_2