会社で発展してしまった

 

br1

 

この間、会社で後輩と発展セックスした話です。

残業を終えて、ロッカー室で着替えていると、

10歳くらい年下の後輩が入ってきた。

チラッと着替え始めるのを見て、

目が釘付けになってしまった。

盛り上がった胸筋、六つに割れた腹筋に、引き締まったケツ。

しかも超エロい超ブーメランパンツ!

その中に収まった、外からでもわかるほどのデカマラ。

見ているだけで俺の股間が濡れてくるのがわかる。

奴は俺に気づいているのかいないのか、

チンポジを直す振りをしてデカマラに刺激を与えだしたんです。

さらに両手で自分の乳首を弄りだし、

鏡の前でデカマラを扱きだした。

『コイツ、俺の事、気づいてるんじゃ・・・』

俺は意を決して、奴に近づいていった。

奴は、不意に俺の方を振り向くと、

「やっぱ来たか!」って言いながら、

俺の乳首を奴の分厚い舌でネットリと転がしながら、

ギンギンに勃起した俺のマラを扱き始めた。

会社のロッカー室が、男のエロい香りで満ちたころ

奴の舌が俺の体中を舐め回し、

ジュポジュポ音を立てながらマラを飲み込んでいった。

「俺、タチなんですけど、先輩はどっちですか?」って聞くんで、

gayjapan

「俺、ウケなんだ。そのデカマラ入れてくれる?」って言うと、

奴は俺のケツたぶを両手で思いっきり拡げて、穴をベロベロ舐め始めた。

舌突っ込まれて、指入れられて、

ピロピロになった俺のアナルに、

奴がカバンから取り出したオイルを塗り込められて、

そのままバックの体勢からデカマラぶち込まれた。

ギンギンに勃起して、

血管浮き出た奴の物は半端じゃなくデカい。

軽くコーヒー缶は越えてるんじゃないかと・・・

ケツが本当に裂けるかと思うくらいで、気が狂うくらい気持ちよかった。

高速ピストンしてた、奴が、

「出そうー。中出していいっすかー。

すげーいいー、イクイクー」

叫びながら、俺の中に熱い液体を流し込んできた。

奴がイッた瞬間に、アナルの中に熱い感触を感じ触ってないのに 俺もトコロテンでザーメンダラダラ垂れ流して、

イキ果てた。

グッタリとしてビクンビクンしてると 今度はひっくり返され、まったく衰えないままのモノをぶちこまれた。

30分以上ガン掘りされ、

潮吹きまで体験しちゃった。

なんか、こいつにドップリはまそうです。