後輩が誘ってきた

 

ゲイ動画BidanshiGakuen

 

先週会社の出張で、

としくん(後輩)と2人で、

福岡に2泊3日で行きました。

1日目の夜に中州で飲み、

その後、相部屋なので、部屋で飲み直して、

いい時間にもう寝ようとなり、

電気を消すと、としくんは、

「てつさん、今彼女いないですよねー? 最近はしてないんか?」

「あ?してねなー。だれかいねー? まじたまってるわー」

「ですよねー。おれもっす」

「あっあ、やりてな!」

すると、

無言でとしくんは俺のベットに来て、

俺のちんぽをトランクスの上から触りだしました。

「やめろよー、そんな気はねえよーーー」

って言っても止めず、次第に勃起し始めて、

トランクスの横から手でコキ始めました。

ひさしぶりの他人の手ということもあって、

気持ちよく、酔ってたせいもあり、

抵抗はしなかった。

そんな俺を見てか、としくんは調子に乗り、

トランクスを脱がして手コキしてました。

暫くして、いきなり口に咥えてフェラし始めて、

でも俺は気持ちよくて抵抗しなかった。

「出るぞ離せよ」

それでも止めない。

そして、とうとう口に出してしまった。

無言でとしくんは浴室に行き、

口を注いで、

「おやすみ」って言い、

ベットに行きました。

暫く寝付けなかったです。

次の日は、仕事中でも変に意識して、

としくんを見てる自分がいました。

夜、また中州に行ってもソワソワしてました。

そろそろ帰りましょうって言われ、

ホテルに帰る途中はドキドキしてて、

あまり覚えていません。

「てつさん、先にシャワーどうぞ」

って言われ、先に入り、出ると、

としくんは目の前で素っ裸になり、

ついちんぽを見てしまった。

一昨日までの自分だったらどうってことなかったけど、

意識してドキドキしてしまいました。

としくんが風呂から上がってくるまでの間は、

妙にそればかり考えてしまい、

自分のちんぽは勃起してました。

暫くして上がってきて、

俺の横に座り 「てつさん、今日はなんか変でしたよ。またして欲しいんですか?」

って、

俺の半勃起したちんぽをトランクスの上から握りました。

「な~んだ、やっぱりですか?俺、うまかったですか?」

って上下に擦り始め、

また勃起してきて、

脱がされ口で咥えられてフェラチオされました。

昨日もされたのに気持ちが入ってたなかったので、

今日の方が気持ちいいと思いました。

自分でされてる内に、

自然ととしくんのちんぽを握ってました。

そして、としくんは俺にフェラチオを要求してきて、

途惑いましたが、

口に含みフェラしました。

なんとも言えない感覚でした。

br1

暫くすると、

としくんは仕事のかばんの中からベビーローションを出してきました。

(仕事中に薬局に寄ったのは知ってたけどまさか買っているとは)

俺を仰向けに寝らせて、俺のちんぽに大量に垂らして、

自分のアナルに塗り、

上から座るようにちんぽをアナルに入れました。

初めての感覚でした。

凄く締りがいいのがわかります。

初めてのアナルが男というのもあって、

いろんな気持ちが交わり、

何とも言えない快感でした。

しかも生です。

何回も腰を上下に下ろし、

としくんは喘ぎ声出してました。

そして、

最後は正常位で突いてと言われ、

突きながら、

としくんのちんぽを手コキしてあげました。

俺はそろそろイキたくなり、

「ごめん。そろそろイキそうやけど、どうしたらいい?」

って聞くと、

「いいよ、中に出しててつさんのだったらいいよ」

って言われ、

俺は中に出しました。

おれがイった後、すぐ俺の手コキで、

としくんは腹にすっごい量の精子を出しました。

「ホモなん?」と聞くと

「違いますよ、先輩だからしたんですよ、アナニーして興味がありましたから、気持ち良かったですか?」

「ああ」

「こちらも気持ち良かったですよまたしましょう」

それから1回ずつ出し合いました。

それから3日経ちましたが、

仕事では2人で車で移動しながら営業するんですが、

昼休みは人に目のつかない場所に車を止めてフェラをしてもらい、

夕方もしてもらったりして、

昨日はとしくんのアパートでアナルもしました。

今日は俺は休みなので、

このサイトに投稿しています。

昨日は俺もアナルを弄られ、

いつかはとしくんのちんぽが入るように馴れさせられてます。