後輩との関係・・・

 

br1

 

僕は超仲の良かった後輩にレイプされ、

調教を施されて奴隷となっています。

切っ掛けは僕が一人暮らしを始めてしばらくした時、

女装に興味を持っていたので自分のマンションで女装をして楽しんでいました。

もともと色白で体毛もほとんど無く、

細身というのが幸いして、

女装すると「女」と思えるほどでした。

ちょうどその時に2歳年下の後輩が遊びに来て、

うかつにも合鍵を渡していたから、

勝手に入ってきて見つかってしまい、

先輩の趣味は女装か?ホンマ女見たいやな、

と言うとベットに押し倒されてしまいました。

後輩はスポーツをしていて体ががっしりとしていたため、

僕は簡単に押し倒されキスをされアナルに指を入れられてしまいました。

僕は諦めて抵抗するのを止めると後輩は僕をベットに大の字に縛りつけアナルを開発しだし、

僕は陵辱に耐えていましたが、

アナルの指に動きで逝かされてしまい、

初めて逝くという快感を教えられてしまいました。

その後も何度か後輩がやって来る度に僕のアナルを開発し、

とうとうチンコを挿入出来るまで拡張され、

生チンコを挿入されてしまいました。

兄後輩だからか分かりませんが、

後輩のチンコは僕のアナルと相性が良いらしく、

何度も逝かされ今では後輩のチンコが無くてはならない体になっています。

そのせいか、

後輩の命令に従うようになり、

この間もネットで購入した胡散臭い媚薬を僕に見せ

「アナルに入れたら、気持ちええで」

「仕込まれてみたいやろ」

「なんせ、俺のチンコ無しでは満足できんのやから」等といわれ、

抵抗することなく媚薬を受け入れてしまいました。

確かに媚薬には興味はありましたが、

不安もあります。

それを仕込まれ僕は後輩の奴隷と化すのが一番怖かったから、

それだけは断るつもりだったのに体は後輩のチンコを欲しがってしまい抵抗できませんでした。

媚薬の効果は30分位して表れ、体が熱くなり、

フワフワしたなんとも言えない感じに襲われ後輩の差し出したチンコを夢中でしゃぶっていました。

今までフェラなんかしたことが無かったのに抵抗するどころか、

自分からしていたのも驚きでしたが、

ザーメンを口の中に出されてそれを飲み込んでしまい、

ドラの効果に恐怖を感じました。

そのまま後輩の言いなりになって、

足腰が立たなくなるまでアナルを陵辱され、

失神してしまいました。

88x31_2