残業したらエロいことになった件・・・

 

br1

 

残業でで終電を逃し誰もいない職場でデスクに脚を投げ出しオナニーしてたら、

背後に人の気配し振り返ると後輩が股間膨らまして立っていた。

前々から怪しいと思ったがやっぱり…俺は、

脚を下ろし奴の方に椅子を回転させ更にいやらしくチンコをシゴキはじめた。

ちゃっちゃとローライズボクサー一枚になり

ガマン汁でヌルヌルになったチンコにしゃぶりついてきた!

足で奴のガマン汁を亀頭に塗り広げながらグリグリして刺激してると脚を肩に担ぎアナルを舐めだした。

長い舌を尖らせ奥に奥に差し込んでくる。

俺は奴が舐めやすいように自分でケツを広げていた。

奴の竿は、

ガチ熊上司と同じかちょい小振りだがリング無しやのにガチ熊上司以上に硬くビクビク脈打ち火傷するみたいに熱かった!

駅弁体位に抱き上げられガマン汁でヌルヌルの亀頭が俺の入り口を探るようにアナルの周りをヌルヌル刺激する。

俺は後輩が欲しくて腰を下ろしと奴はデカ竿をずらしてニヤついてやがる。

gayjapan

奴は突き上げ俺は腰を落とした!デカ竿に根本まで一気に貫かれ思わずトコロテンし後輩の顎を直撃した。

奴に抱きしめられながら来客コーナーのテーブルに下ろされ奴のガン掘りがはじっまった。

一度射精してるからアナルが締まり中は敏感になってるが、

かまわずデカ竿でガンガン掘り込んでくる!アナルが熱くトロけだし後輩のデカ竿を包み込み始めた。

ゆっくりしたストロークで抜ける寸前まで引きグリグリしながら根本までを繰り返してた後輩が

『ケツん中がやばいヨ!チンコがケツん中でなんかにしゃぶられてるみてぇ~』と言いながら

ドピュ!ビチャっとマジ音が聞こえた様な感じでアナルの中に大量の種をぶっ放した。

追加で更にアガリ淫乱度が増した俺は奴をテーブルに寝かせ騎乗位で跨り

腰を狂った様に前後左右上下に振りまくった!

ガマン汁でオイルいらずになってるチンコを後輩に掴まれ亀頭を責めまくられ全身に電気が走るみたいに快感が鳥肌をたてながら広がって行く!

ソファーに移動し足首を捕まれ大股開きにされたりオシメを代えるみたいに脚を閉じたりしながらガンガン前立腺をつかれトコロテンを繰り返し身体中がザーメンでドロドロになった。

後輩は俺のザーメンを舐め取りザーメンキスをしてくる。

追加中の種付けからかなりの時間寸止めを繰り返してた後輩も限界が来たらしく俺の脚を肩に担ぎ凄い早さで腰を打ちつけてきた。

四発目だと言うのにかなりの量がケツの中にぶっ放された。

種が溢れだし泡立ちジュポッグボッっと淫媚な音させながらまだまだ硬さを保ったままで俺のケツを掘り続けてやがる後輩をみながら

今度こいつとガチ熊の二人にやられたいと思い作戦をあれこれ考えながら何度目か分からないトコロテンをしてしまった。