会社の後輩とロッカー室で生姦

 

br1

 

会社の後輩にガッツリ種付けされてしまった。

金曜は山積みの仕事を終えるため残業を遅くまでしてた。

やっとこさ完了してロッカー室で着替えていると、

同じ残業上がりなのか、

隣の課の奴が入ってきた。

たぶん俺より年下で23歳ぐらいかな。

余り接点は無く、

顔だけは知っている奴だった。

俺は奴が着替え始めるのを、

ガン見してしまった。

鍛え上げられた胸筋、

シックスパック、

そしてプルンと引き締まった美尻。

スタイルに自身があるのか、

色黒に日焼けした身体、

そして卑猥な超ビキニブリーフ、

股間部分はこん盛としてて、

一瞬で分る程のデカマラ。

余りに卑猥すぎて見ているだけで

俺の股間が濡れてくるのがわかる。

しかもパンツのままで、

鏡の前でポーズとってスタイルを確認してた。

暫くすると自分の乳首を弄りだし、

デカマラを扱きだした。

俺に気づいていないのか。

『こいつオナニーしてんのか』

俺は自分でもビックリしたが、

ギンギンに勃起したままフラフラと奴に近づいていた。

奴は、不意に俺の方を振り向くと、

「やっぱりそうだったんですね。

前から同じ趣味かな~って思っていたんですよ」って言いながら、

俺の乳首をネットリと舌で転がし、

ビクンビクンと反応した俺のチンコを扱き始めた。

会社のロッカー室が、

淫乱な音と匂いで充満しだした。

そのまま、

俺のチンコを咥えだした。

ウネウネと動くエロい舌が裏スジや金玉をなめまわし、

ジュポジュポ音を立てながらマラを飲み込んでいった。

「僕はタチなんですけど、

先輩はどっち?」って聞くんで、

「俺はウケ。その太いデカマラが欲しい」ってねだってみたら、

俺のケツを両手で思いっきり拡げて、

アナルをグチョグチョ音を出して舐め始めた。

エロい舌づかいで愛撫された後、

指で掻き混ぜさせられ、

俺のアナルはデカマラを受け入れる準備が済んだ。

そしてローションを大量に塗られた状態で四つんばいになり、

そのままバックの体勢からデカマラぶち込まれた。

最大限に膨張して血管浮き出た奴の肉棒は半端じゃなくデカい。

内臓を搔き出されるようなピストンで

気が狂うくらい喘いで鳴きまくった。

10分くらいしたら、

「ヤバイっす。中出していいっすかー。もう間に合いません!」と叫びながら、

俺の中に熱い濃厚ザーメンを流し込んできた。

奴がイク瞬間にデカマラが更に大きく膨れ、

その圧力で俺もトコロテン状態で射精してた。

俺は射精してグッタリしてると、

若い奴は衰えない!!

今度は正常位で衰えないまま30分以上ガン掘りされ、

はずーっと、

トコロテン状態でザーメン垂れ流していた。

最後は俺の口の中に射精して終わった。

ビビるぐらい濃い汁で、

喉に張り付いて咳き込むぐらい。

それ以来、セフレ関係が始まり、

週末は毎回犯られてる。

こいつにドップリとはまっちゃいました。

88x31_2