K官とS官③

 

 

翌々日の日曜日がやって来た。

前夜に佐藤さんの出動があったことは、

警察無線で知っていた。

管内で車対車の交通事故があり、

ガソリンが漏れ出たので、

消防にも出動要請が出た。

11時少し前からベンチで待っていた。

佐藤さんが入って来たので、

直立不動で「昨夜はご苦労様でした」と敬礼すると、

彼も敬礼した(大爆)

習慣は恐ろしい(笑)

K官S官の違いはあるが、

敬礼には敬礼を返す。

2人大笑いしながら、

俺のマンションへ向かった。

周囲の人たちは、

どのように見ていただろう(笑)

「俺の仕事を覗き見するストーカーみたいな奴だ」と言われた(笑)

「K察さん、俺らはS官で清掃員じゃないぞ」と皮肉を言った。

ガソリン火災の危険があったので出動したが、

若い俺は、中和剤入り吸収材を撒き、

中和剤入り砂を撒いて掃除して終了だった。

重たい消火服を着ての掃除は汗をかくし、

大変だからK察さん考えてよ、

と笑って話していた(笑)

マンションに入る。

一声「広い部屋だなぁ」と言われた。

ダブルベッドにラブチェアにローテーブル。

2人で暮らせる広さがあり、

驚いていた。

K官さんは給料がいいのか?と言われたが、

大都市のS官の方が、

手当もついて高いことを知っていた。

K官の俺は県職員で、

S官の佐藤さんは市職員である。

佐藤さんは、

大きなスポーツバッグを持って来た。

出てきたのはオレンジ服。

S官の作業服装だった。

合わせて、ブーツ、面体、

作業ヘルメット。

俺は見ただけで、

股間が熱くなった(笑)

作業服装は自宅で洗濯可、

他の物は個人装備なので、

秘密で持ち出してくれた(感謝)

俺がオレンジ服を着たいと言ったことに対応してくれた。

昨夜着て出動した、

オレンジ服にブーツ。

まずは、佐藤さんが着てくれた。

面体を空気タンクなしで装着して、

作業用ヘルメットを被ってくれた。

バッグから消防手袋も出して着けてくれた。

面体を着けて話すので、

聞き辛かったが、

抱き着くならボクブリを穿いたままでと言われた(?)

カッコイイ。

触っても、

抱き着いても、

股間を触っても良いS官が目の前に立っている。

俺はムラムラして抱き着いた。

股間を握ったら、

ズボンに厚い当て布があり、

竿の場所がわからなかった(涙)

佐藤さんは、手袋を外し俺の服を脱がし始めた。

Tシャツとボクブリだけになった。

靴下を履くように言われた(?)

佐藤さんも装備品を外し、

オレンジ服を脱いだ。

佐藤さんの股間は、

ボクブリにテントを張っていた(笑)

靴のサイズを聞かれた。

26.5㎝、佐藤さんは27.0㎝で消防ブーツも履けそうだった。

オレンジ服を着た。

ウエストが少し小さかったので腰のアジャスターを少し広げてくれた。

ベルトの穴は俺が2つデブだった(笑)

着ながら火事の匂いと佐藤さんの雄臭がして、

股間が硬直した(笑)

ブーツは紐もあるが、

ファスナー式。

履く前に臭いを嗅いだ。

革の匂いと佐藤さんの雄臭がした。

靴下を履いた足を入れ、

ファスナーを上げた。

面体を着けてもらう。

しっかりと佐藤さんの雄臭がしたが、

口臭ではなかった。

警察学校で防毒マスクを着けたが、

ゴムの匂いが違った。

ヘルメットも被り顎ベルトも嵌めた。

消防手袋も嵌めた。

新人消防士のできあがり、

姿見に映すとムラムラして興奮が絶頂を迎えそうだった(爆) 佐藤さんに俺のスマホで撮影してもらった(笑)

佐藤さんは俺を抱き締めてきた。

普段周囲にいても抱き着いたり、

股間に触れない。

佐藤さんは、

抱き締めて股間を押し当てていた。

ボクブリのテントの先端に染みを着けていた(笑)

俺も絶頂を迎えていた。

刺激されていないのに、

ボクブリの中で射精(おもらし)してしまった(汗)

オレンジ服を汚すといけないので、

ベルトを外し、

膝まで下げた(笑)

俺が夢に見る体験をさせてもらった。

佐藤さんにお礼を言った。

昼を過ぎたので、

家でスパゲッティーを茹でて、

レトルトのソースで簡単に済ませることにした。

食事しながら、

俺が抱き着く時にボクブリを穿いたままと言った理由を聞くと、

オレンジ服は洗濯のため持ち出せるが、

補強されていて生地が厚い部分が簡単に乾かないので、

今日は洗濯せず、

明日も着たいので、

股間付近に精子跡があると同僚から冷やかされるので、

精子を着けたくなかったから。


と、

説明してくれた(笑)

ブーツを履く前に靴下を履いた理由は、

佐藤さんが水虫だから移すといけないので、

と教えてくれた(笑)

女性職員もいるが、

ほぼ男世界なので、

逆に気を付ける部分がある。

作業服装の上から消火服を着るので、

署内の待機中はオレンジ服を着ている。

待機中は暇だから、

仮眠室やトイレでセンズリする奴もいる。

出して作業服装に飛んでいたりすると、

歯に衣着せぬ言葉で、

「着いてるぞ」と指差される(笑)

昼食後はエッチすることにした。

裸になり、

ベッドに横になった。

彼の股間以上に気になっている筋肉に触れる。

大胸筋、腹筋、

大腿筋が好きである。

大胸筋を触りながら乳首に触れるが感じないらしい。

大胸筋を触り、

腹筋を触り、

大腿筋を触ると「触る所飛ばすなよ」と言ってくる。

「筋肉じゃない所は最後(笑)」と、

股間に触る。

俺もジム通いで少し筋肉が着いたが、

佐藤さんの筋肉が目標である。

69をしようとしたら、

佐藤さんが腕立て伏せがししたいと言った。

こんな時にトレーニングと思ったら、

俺が上下逆になったら、

俺に覆い被り、

俺の股間に顔、

俺の口に彼の竿を位置合わせして、

1、2、3、4・・・と69が始まった(笑)

50を過ぎた頃、

数え方が「イク」「イク」「イク」「イクぞ」で大放出(爆) 佐藤さんは、

腕立て伏せをする毎に、

こんなシチュエーションを思い浮かべていたらしい(笑)

その後、

俺のモノを咥えて出してくれた(笑)

そんなことを考えながらトレーニングすると、

辛さを紛らわせるらしい。

ベッドに2人で並んで横になって、

布団を掛けた。

佐藤さんが腕枕をしてくれた。

明け後、風呂に入っていないので、

ワキガではない、

美味しい雄臭がした。

俺は大胸筋にシャブリ着いた(笑)

彼は俺の萎えた竿を握ってくる。

竿に皮を被せるが手を離すと剥けてしまう。

数回繰り返しているうちに、

膨張硬直を始め、

皮を被せられなくなった(笑)

「小林君は本当のムケ○ンなんだ」と、

剥けたモノを強く握られた。

握力もすごい! 佐藤さんのモノを握ると萎えて、

竿先がヌルヌルだった。

皮を被せる。

皮は剥けない。

常に剥いている仮性包茎のようだった。

皮を剥いたら一気に硬直した。

皮が動かない。

こんな竿でセッ○スしたら、

皮が動かないので気持ちよさそうと思った(笑)

俺はケツを掘ったことも、

掘られたこともない、

制服公務員フェチのチ○ポ好き(笑)

こんな佐藤さんなら、

ケツを使ったエッチをしてみたくなった(笑)

2人で硬直したモノを触り合っていた。

佐藤さんがピクンピクンと動かし始めた。

俺も動かしてみようと、

竿に力を入れた。

多少ではあったがピクピク動いた。

股間周りの筋肉の違いだろうか。

佐藤さんは、

竿を押し下げると、

手の力を押し返すに上向きになった(笑)

そんなことを繰り返していたら、

「イク!」と布団を跳ね退け、

胸と腹に3本放物線を描いた(笑)

俺は彼がティッシュで拭き取っている間に、

自分で手コキして、

腹の上に飛ばした。

彼は、俺が出したモノを全て舐め取ってくれた(笑)

勤務日前夜は何時に寝るか聞くと、

9~10時と言うので、

俺の車でスパ銭に行った。

風呂では、ノンケばかりであっただろうが、

佐藤さんの筋肉は注目を浴びていた(笑)

夕食を食べて、

佐藤さんのマンション前まで送って行った。

④へ続く