K官とS官⑤

 

ゲイ動画BidanshiGakuen

 

《④の続き》

 

翌日もトレーニングジムで待ち合わせして、

サウナに一緒に入った。

また2人だけだった。

更衣ロッカーから佐藤さんの興奮した話が始まった(笑)

昨夜、帰宅後も股間の興奮が治まらず、

2回抜いたので、

サウナでは出せないかもと笑っていた。

サウナに入ると

「お巡りさん」

「小林巡査」を繰り返して、

股間が元気になっていた(笑)

ベンチに座り、

軽い刺激では逝けないかもと、

お互いに手コキしたら、

「小林巡査、先に逝きます!」と、

1mほど飛ばした(笑)

24時間以内に5回目で1mほどは恐れ入った(笑)

間もなく俺も絶頂に近付いたので、

「佐藤消防士、俺も逝きます!」と発射したら、

俺も1mほど飛んだ(笑)

水風呂に行き、

2人で潜ったら、

彼は自分で扱いていた(笑)

水面に顔を出し「何してるの?」と聞くと、

「本官は、小林巡査に使用していただく放水銃の手入れをしております」と言った(笑)

水風呂の水中の段差に股を開いて座っていたら、

「水難救助隊佐藤、救助に向かいます」と言って、

潜ったら俺の萎えた竿を咥えて硬直させた。

水面に顔を出すと、

「水難救助隊佐藤、弱っていた要救助物1本、救助しました」

と敬礼したので

「ご苦労!」と返礼してやった(大爆)

S官・K官ごっこをして、

2回目、3回目のサウナに入った。

佐藤消防士は、

2回目30㎝、3回目30㎝の放水をした。

俺も2回目・3回目の射撃に成功した。

射程距離30㎝ほどだった(爆)

帰宅する時、次のチャンスに、

あのトイレで俺の制服を着させてほしいと言われた(汗)

チャンスはすぐにやって来た。

約1か月後に前回と違う同僚と勤務変更する予定になった。

夏服に衣替えする直前だったので、

よりチャンス日だった。

前回と同じように、

22時過ぎに公園トイレ前で待ち合わせをした。

今回、佐藤さんには、

レジャーシートを持参してもらい、

着替えしやすくした。

また、白いカッターシャツ着用、

黒いビジネスシューズを履いて来てもらった。

俺が中に入りドアロックした。

佐藤さんは靴・ズボンを脱ぎレジャーシートの上でスタンバイ。

俺がズボンを渡す。

ネクタイを外し渡すと、

すぐに締め始める。

上衣を脱いで着せてやる。

ボタンを掛けながらながら革靴を履いた。

制帽を被せたたら、

お巡りさんの完成。

脱いだ物を片付け、

佐藤さんのスマホで、

フラッシュをたいて撮影してやった。

敬礼姿も撮影した。

カッターシャツにボクブリ姿の俺は、

股間にテントを張っていることを気付かれてしまった(笑)

俺が佐藤さんに抱き付くと、

股間の竿は斜め右上に硬直していた(笑)

予定通り佐藤さんが、

制服姿を鏡に映してセンズリしたいと言うので、

佐藤さんの竿に用意したコンドームを着けさせ、

放出してもらった(笑)

佐藤さんは、

俺の脇下にベルトで固定された拳銃ケースも着けたかったと言ったが、

それだけは無理と言って、

反対側の伸びる警棒だけ触らせてやった。

佐藤さんは警棒で、

俺のもう1本の体から伸びる警棒を突っついて来た(笑)

お互いに服装を整え、

佐藤さんは帰って行った。

俺は、佐藤さんに消防の制服や耐火服が着られる機会があったら教えてほしいと伝えてあった。

以前から学校の夏休み中に、

我々の区の消防イベントがあると聞いていた。

その日が決定し佐藤さんの非番の日と分かった。

予定通りなら俺も非番になる。

7月に入って非番のS官の打ち合わせがあり、

制服試着コーナーの担当になったことを教えてもらった(笑)

イベントは、

日常の活動に支障のないように、

各区消防署の持ち回りで、

消防車・救急車は、

消防学校の実習車を展示するらしい。



消防啓蒙活動の一環で、

耐火服の試着用に、

子供用各サイズと、

大人用はLLサイズがあるらしい(笑)

日頃の佐藤さんが着る耐火服はMサイズで、

LLサイズは俺に大き過ぎるので、

非番中なので、

佐藤さんの臭い耐火服も用意してくれることになった。

耐火ズボンは内側にアジャスターがあるので、

少し広げておいてくれる約束になった。

消防ブーツ・銀長靴・耐火ヘルメット・グローブも佐藤さんの物を借りることになった。

イベントまでに何度もサウナで遊んでいたので、

当日の服装などの指示をもらった。

もちろん靴下着用(笑)

イベント当日、

開始時刻に会場のS署に行った。

制服試着コーナーに子供たちの列はあったが、

試着希望の大人は並んでいなかった。

子供たちは上衣・ヘルメット・

長靴の着用なので外で試着していた。

試着コーナーに近付いて見ていると、

佐藤さんが俺を見つけ、

仰々しく「大人の方で、試着されたい方いらっしゃいますか?」と声を描けてくれた。

軽く手を挙げたら、

小さいテントに案内してくれた。

中には佐藤さんの耐火服とブーツが1つのテーブルにまとめてくれてあった。

隣のテーブルには、

もう1人の担当のLサイズとLLサイズがまとめてあった。

もし出すならとティッシュも置いてくれていた(爆)

佐藤さんの指示でベルト付のハーパンを穿いていたので、

股間まである銀長靴を履いてベルトに金具を引っ掻けた。

上衣の臭い匂いを嗅いで着てファスナーを上げ、

ベルトを締めた。

激臭のするヘルメットの匂いを嗅いで被って顎ベルトを嵌めた。

着ているだけで、雄臭が漂って来て、

股間が反応した(笑)

上衣が太股まであるので、

目立たないが、

股間にテントを張っていた(笑)

耐火グローブを嵌めて、

スマホを持って外に出て、

佐藤さんに撮影してもらった。

テントに戻る時、

彼も入って来て、抱き着いて、

股間の硬直を確認して

「耐火ズボンを穿く時、

素肌に穿くと感じるよ!」

と言って出て行った。

グローブを外し、上衣を脱いだ。

しっかり汗をかいていた。

銀長靴を脱いで、

耐火ズボンの股間辺りの臭いを嗅ごうとしたら、

ファスナーの右内側に白濁液の乾いた跡を発見(笑)

佐藤さんが、

耐火ズボンの中で発射した証拠を見つけてしまった(爆)

耐火ズボンの内側はジャージ素材で素肌に穿くと気持ち良さそうだったので、

ハーパンとボクブリを脱いで穿いて、

肩掛けベルトを掛けた。

俺の竿はすぐに硬直した(笑)

ズボンの上から少し慰めた(笑)

上衣を着て前を閉じ、

ヘルメットとグローブをして再びスマホ持って外に出た。

佐藤さんに撮影してもらった。

2回目も佐藤さんが着いてテントに入って来て、

俺に抱き着いた(笑)

ズボンの上から握り扱いて来た。

俺は小さい声で

「そんなことされたら爆発する」

「いいよ」

「パンツ穿いてないよ」

「出していいよ」俺は小さい声で、

「イク!」と言って出してしまった(爆)

佐藤さんは

「ティッシュで拭いておいてね」と言って出て行った(笑)

借りた制服を脱ぎ、

ズボンの汚した所をティッシュで拭いて、

服装を整えた。

隣の同僚の耐火服・ヘルメットが気になったので、

匂いを嗅いだ。

激臭だった。

ズボンの股間部分の匂いも気になったので、

匂いを嗅ごうとしたら、

佐藤さんと同じような白濁液の乾いた跡があった(驚)

俺は佐藤さんにお礼を言って帰宅した。

俺のシャツに耐火服の移り香があった。

オナネタにするつもりで、

ビニール袋に入れて保管した(笑)

後日、佐藤さんに会った時に、

佐藤さんズボンの右内側に白濁液の乾いた跡を発見したこと、

試着担当の同僚の耐火服の激臭のことと、

ズボンの股間部の白濁液の乾いた跡をみつけた話をした。

激臭については、

署員全員らしいので聞き流されたが、

同僚のズボンの白濁液跡については驚いていた。

その同僚は妻子持ちのノンケらしい。

⑥へ続く

br1