至近距離で巨根同士のセックスを見てしまった

 

br1

 

セックスしてるのを見られたいという

掲示板の書き込みがあり、

興味本位で連絡をしたら返信があって

実際に見ることになった。

指定されたホテルに時間通りに行くと、

既に二人とも裸で準備万端でした。

軽く挨拶してベッドサイドの椅子に座りました。

この二人についてですが

一人は色黒のガチムチのプロレスラータイプ、

もう一人は華奢なジャニ系のイケメンさん。

二人ともギンギンに勃起していました。

サイズは立派な巨根で僕よりも大きかったです。

特に華奢なジャニ系さんのチンポの大きさは、

ヘソまで反り返る外人サイズで、初めて見た大きさです。

二人はベッドでは私に見せつけるように

互いに扱いたり、舐めあったりしています。

ガチムチさんがタチのようで、

ジャニ系さんの後ろに回ると

両手を前に回して乳首をクリクリして、

それがかなり感じるのかジャニ系さんは卑猥な声を出して、

チンポがピクピクと痙攣していました。

こんな気持ち良さそうな愛撫は卑猥すぎです。

そしてとうとう挿入です。バッチリ僕によく見えるように

ガチムチさんがベッドに腰掛け、

ジャニ系さんは抱き抱えられるように跨がり、

チンポがアナルに埋められて、

大きく広がった結合部を間近で見させてもらいました。

たまに勢い余ってチンポが抜けてしまうと、

パックリと開いた肛門から卑猥な体液がドロッと出てきます。

体位を変えてガチムチさんはベッドに腰かけたまま、

ジャニ系さんはガチムチさんに背を向けて腰に跨がり、

挿入されているところは見えなくなりましたが、

ジャニ系さんのチンポが丸見えでした。

奥深くまで刺さると、ジャニ系さんのチンポもグーっと大きくなり、

やはりガチムチさんは後ろから

ジャニ系さんの乳首をいじりながら

ゆっくりと奥までチンポを埋めています。

ジャニ系さんのチンポははち切れそうなほど大きくなり、

その時にジャニ系さんのチンポの先に

ドロっと精液が滲み出てきて、

その滴が墜ちると同時に今度は勢いよく精液が吹き出て、

太ももを汚していきました。

ガチムチさんが「おいおい、もう終わり?」

「お仕置きに彼のチンポをしゃぶれ。」と命令すると、

彼は頷くと私のズボンに手をかけました。

僕は見るだけのつもりでしたが、

目の前で繰り広げられるあまりにも淫靡な光景に

チンポはギンギンに勃起して収まりそうにありません。

それに気づいた二人は、僕によってきてきたんです。

させるがまま彼らに脱がされ、限界まで勃起してたチンポを

ネットリと咥えられて、重点的に亀頭を舌で刺激されると、

ものの数秒で彼の口の中に射精してしまいました。

あまりにも早い射精に

ガチムチさんもジャニ系さんもビックリしていました。

出してしまった私は急に恥ずかしくなり、

挨拶して部屋を出ちゃいました。

他人のセックスってマジかで見ると

こんなに卑猥で淫靡だなんて初めて知りました。

gayjapan