マッサージしに悪戯?された結果

 

 

gayjapan

 

とある地方に仕事で行った時のことだけど。

歩きつかれて疲労困ぱいだったからマッサージ屋さんに入った。

マッサージ師はアスリート並みに細マッチョなイエケメン。

俺のタイプだったから若干緊張しながらも説明を聞き、 オイルマッサージのコースを選んだ。

紙パンツ履いてになり、マッサージ台の上にうつ伏せになると、 体にオイルを垂らされ、マッサージが始まった。

最初は普通に肩とか背中とかをやってもらい、徐々に下に・・・・。

一応普通のお店に入ったから、期待はしていなかったんだけど ケツのマッサージをされている時に思いっきり広げられたり、 微妙に穴を触られたりして、

凄く恥ずかしさと気持ちよさで少し声が出てしまった。

普段野郎っぽくてタチと勘違いされる俺だが、 この反応で完全ネコだとばれてしまったんだと思う。

その声に反応したマッサージ師の攻めもエスカレート。

徐々にアナルを触る頻度が多くなっていき、 気が付けば俺は淫乱なあえぎ声を出しまくっていた。

調子に乗ったマッサージ師は俺に四つん這いの体勢になるよう指示し、

俺の後ろに回りこみ、ケツタブを思いっきり広げ、 アナルをなめ始めた。

元々アナル舐められるのが大好きな俺は マッサージをされていたはずなのに、という気持ちと

相手はマッサージ師というシチュエーションに 完全に舞い上がっちゃった。

マッサージ師は舌を俺のアナルに入れたり、 アナル周りを舐めたり、

ケツタブを噛んだりしながら、 ローションを垂らし、指を入れたりしながら、

すき放題に俺のアナルをいたぶってくる。

しばらくの間そんな責めが続くうちに、

足がしびれるような感覚がした。

しかも力が抜けていった・・・ これは・・・、

媚薬!?



気が付いたときにはもう遅かった。

『仕込んだから、たっぷり楽しませてもらうぜ』 と

マッサージ師は言い放つと、 十分にほぐれて、キキはじめた俺のアナルに

当然のように生チンをあてがってきた。

『やべー、犯られる!』 と思い、力を振り絞って拒もうとする俺に、

マッサージ師は性欲が増すらしいツボをグリグリ押してきた。

コレで完全にキマッちまった俺はもう 後はなすがまま。

マッサージ台を支えにして後ろからタチバックをされ、 四つん這い、正上位、など体位を変えながら散々突かれまくり。

自分からも腰を振り、我慢できずに発射しちまった。

その後、シャワーを浴びさせてもらったものの、

まだ逝っていないマッサージ師から執拗に責められ続け、

キマッたままの俺は、求められるがままに、 アナルを差し出した。

タフなマッサージ師はまったく逝く気配を見せず、

俺は2発目を発射。

さらに休憩を挟んだ後、もう更にもう一回やられた。

もう緩みまくった俺のアナルはトロトロで気持ちいいらしく、

『オラッ、中に出すからなっ』 と

俺のアナルめがけて激しくピストンを繰り出してくる。

相手のテクニックにメロメロになっていた俺は、

『お願いします』 と

答えるほどに落ちていた。

結局相手が中に出すのとほぼ同時に、

俺も3発目を噴き上げて解放された。

もうフラフラしながらホテルに帰り死んだように寝て翌日起きたら、体が羽のように軽い!

あのマッサージ師は、ゴッドハンドだったんじゃないかと思います。