牧場でイケメンマッチョと乳搾り体験!!

 

 

☆プロフィール☆

名前尾崎 廉

173センチ 68キロ 20歳

ラグビー経験7年 筋肉質

ジャ◯ーズの菊池風◯似

僕は都内の農学部に通う大学2年です。

俺の大学では2年になると実習というカテゴリーが加わります。

僕は酪農について勉強していたので千葉県の〇〇牧場さんへ1週間の研修に行きました。

その時の話を投稿されていただきます。

全部実話なので、

もしかしたら引いてしまう場面もあるかもしれませんがご了承ください笑

7月のとても暑い日。

酪農を勉強してたのは、

大学では俺くらいしかいなかったので、

牧場への実習は一人で行きました。

とにかく田舎で周り一面何もないし、

とにかく牧場の敷地が広い。

牧場へ着くと優しそうな牧場主のKさん夫婦がいました。

俺は1日お世話になります!

と挨拶と自己紹介をし、

早速牛舎で作業をすることに。

(牧場の説明とか色々してくれたけどカットします)

Kさん夫婦にはダイチさんという息子さんがいて、

ダイチさんが色々と俺に教えてくれることになった。

ダイチさんは24らしく、

俺より4個年上だった。

正直、俺と同い年だと思っていたから、

年上だと知ってびっくりした。

見た目はマッチョの爽やかイケメンで、

牧場っていうよりも海が似合うサーファーっていう感じだ。

大学の時にカナダへ酪農留学しに行き、

牧場を継ぐために日本に帰ってきたらしい。

ダイチさんに俺に付いてきてーと言われたので、

付いていくと、

大きな牛舎に案内された。

どうやら俺はここで1週間、

ダイチさんと一緒に、

牛の世話をしたり、

乳搾りをしないといけないらしい。

思ったより重労働になりそうだと思った。

お昼を食べた後、

作業を二人でし始めたのだが、

初めて30分くらいで、

その予想は正しかったとわかった。

臭いし、暑いし、

ほんとにキツいのだ。

まあ、そんなことは置いといて、

最初の1.2日はお互いに緊張してたんだけど、

3日目からは、

きつい作業を一緒にやっているせいか仲良くなっていた。

3日目の作業が終わった後、

ダイチさんと話していたら、

ダイチさんも俺と同じように身体を動かすことが好きだということがわかった。

だから、

俺はお風呂入ったら一緒に筋トレしませんか?って誘ってみた。

ダイチさんは良いねー!ってオッケーしてくれて、

ダイチさんの部屋で筋トレすることになった。


俺はすごく楽しみで、

ダイチさんの筋肉が見れるかもしれない!と、

少しワクワクしながらお風呂から上がって、

ダイチさんの部屋へ行った。

部屋へ行くと、

ダイチさんは携帯を触りながら床に座って俺を待っていた。

ダイチさんは俺を見るなり携帯をサッと自分の後ろに隠し、

手元に用意してくれてた牛乳瓶を一本俺にくれた。

俺は牛乳を飲みながら、

ダイチさん何を携帯で見てたんですかー?と聞いてみた。

ダイチさんは何でもないって隠していたので、

俺はふざけてダイチさんの携帯を後ろから奪ってみた。

すると携帯には外人がベッドに手と足を括り付けられている写真があった。

俺は予想外の出来事にびっくりしてしまった。

すると、

ダイチさんは顔を赤くしながら、

これ俺がカナダにいた時の彼氏って教えてくれた。

俺はダイチさんもゲイだったということにもびっくりしたが、

ダイチさんが彼氏の手と足をくくりつけていたことの方にも驚いた。

ダイチさんがすごく気まずそうに下を向いているので、

実は俺もゲイだと正直に話した。

するとダイチさんもびっくりした様子で俺を見てきた。

ダイチさんはほんと?と聞き返してきたので、

本当だと答え、

ダイチさんのことがタイプだとも正直に言った。

ダイチさんは喜んでくれて、

実は俺も廉(俺)のことがタイプだと言ってくれた。

俺もすごく嬉しかったが、

どうしてもその写真のことが気になったので、

その写真について聞いてみた。

ダイチさん曰く、

その写真は彼氏とのSEXの時に撮ったハメ撮り写真らしく、

ダイチさんはSMプレイが好きらしい。

そして、

その彼氏とは喧嘩して別れたまま日本に帰ってきたらしく、

未練は全くないが、

写真はオナニー用に保存しといたままにしといたらしいのだ。

俺はダイチさんがSM好きだということに少し興奮をした。

なぜなら、

俺はアナニーをしながら、

ところてんするくらいドMだからだ。

ダイチさんは、

さすがに引いたよね?と聞いてきたので、

俺はいや、全然!

むしろ興奮しました!と答えた。

すると、

ダイチさんは少しびっくりして、

廉はMなの?と聞いてきた。

だから俺は正直に、

一人でところてんするくらいドMだと答えた。

俺はダイチさんがゲイでしかもSM好きだという出来事に興奮してしまい、

つい自分で撮影したアナニー動画をダイチさんに見せてしまった。

するとダイチさんはエロって言いながら、

自分の半ズボンをおろしパンツの上からチンコをさすり始めた。

俺はその姿にさらに興奮してしまい、

もし良ければ虐めてください!

とつい頼んでしまった。

すると、ダイチさんはニヤリって笑って、

本当ににいいの?って聞いてきたので、

メチャクチャにしてください!

ってお願いした。

ダイチさんは半ズボンを履き直し、

ケツをシャワーで浣腸したら、

昼に作業した牛舎に来いと、

俺に指示し、部屋を出ていった。

俺は急いで風呂に戻り、

シャワーのノズルを外し3、

4回ケツにシャワーを突っ込んだ。

その時には、

もう俺のチンコはビンビンに立っていて、

ケツの中にシャワーから出た水が当たるだけでイキそうになったので、

少しだけ水圧を弱めた。

そして、

なんだかんだでしっかりと浣腸を済ませて、

牛舎へと向かった。

 

 

続く

続きはまた後日に書いて載せる予定です!

いいねとコメント載せてくれたら嬉しいです!

ちなみに、

この文章を書いている今も、

思い出してビンビンに勃ってしまっています笑

88x31_2