イケメンと牧場で乳搾り体験2

 

 

牧場でイケメンマッチョと乳搾り!!︎2

俺は、ジャージ姿に着替えて、

Kさん夫妻に

ちょっと散歩してきます!と伝え、

外へ出た。

外はもう真っ暗で、

蝉がうるさかった。

どんなことをダイチさんにされるのだろう?と考えてながら、

牛舎へと向かっていたから、

チンコはビンビンに勃っていた。

ちなみに、

昼作業した牛舎っていうのは、

つい最近工事が終わったので、

比較的綺麗な方だ。

俺とダイチさんは、

その牛舎に新しいワラを敷き詰めたり、

乳搾り用の器具を設置する作業を昼にしていた。

5分くらい歩くと、

牛舎が見えてきた。

灯りがついてたから遠くからでも、

あそこにダイチさんがいるのだと、

すぐにわかる。

俺は、もうすぐ調教されるんだ!

と考えると興奮が止まらなかった。

牛舎へ着くと、

ダイチさんはいきなり俺に首輪をつけてきた。

そして、

俺をヒョイっと抱きかかえると、

敷き詰められているワラの上に放り投げた。

牛舎っていうのは、

ウシ一匹が入るスペースごとに格子で区切られた部屋がいっぱいある。

そしてそれらの部屋をつなぐように、

牛舎を端から端までつなぐ細長いエサ置き場があるって感じだ。

その真ん中あたりの部屋に俺は放り投げられた。

俺は、

アナニーは週3くらいでするが、

SEXはしばらくご無沙汰だった。

しかも、超がつく程のドMの俺には、

イケメンマッチョに乱暴に犯されるっていうのは、

夢のような話だ。

だから、

俺は考えていたより本格的なSMに興奮してしまい、

自分からジャージを脱ぎ捨て、

パンツだけの姿になった。

ダイチさんはそんな俺の姿を見るなり、

ニヤリと笑って、

もうヤル前からテント張ってるじゃん。

考えてるだけで興奮しちゃったんだ?

廉(俺)がそんな淫乱なやつとは思わなかったよ。

と俺を見下すように囁いた。

そして、ダイチさんは、

お客さんが記念写真を撮る時に着るウシの着ぐるみを取り出し、

俺に着てみろと命令した。

俺が、指示通りにウシの着ぐるみを着ると、

ダイチさんは、

格子の間から俺をたぐり寄せ、

ウシの着ぐるみのケツの部分とチンコの部分をハサミで切り始めた。

 

チンコの部分が切られると、

そこからギンギンにテントを張った俺のパンツが出てきた。

俺は、


その姿を自分で見て更に興奮した。

ダイチさんも俺の姿を見て、

興奮したらしく、

格子を開けて入ってきた。

そして、俺の首についている首輪に鎖をつけると、

四つん這いになって、

ケツを突き出してみろ! 

と俺に命令した。

俺は、わかりました。

と素直に従い、

ダイチさんにケツを出来る限り突き出した。

すると、

ダイチさんは俺のパンツのアナルの所も丸くハサミで切り取り始めた。

完全に切り取られた時、

俺のアナルはダイチさんに見下ろされる体勢となった。

ダイチさんは、

俺のアナルのシワをほぐすかのように円を描きながら、

執拗に弄りまわすと、

廉って淫乱なくせに、

ケツの穴は可愛いピンク色をしてるんだね。

俺の色で塗りかえてやるよ。

と言葉責めをしてきた。

俺は、マックスに興奮してたので、

俺のピンクアナルに、

ダイチさんのチンコを思いっきりぶっ刺してください!

とお願いした。

すると、

ダイチさんは

そんなにケツの穴をヒクヒクされながら

お願いされたら、

チンコ挿れたくなるけど、

まだお預けだなー。

と囁き、そーだ!

牛なんだからシッポが必要だよね!

と言うと何かを取り出した。

俺は四つん這いの状態なので、

それが何なのかハッキリと見えなかったが、

多分バイブだろうなと、

想像していた。

ダイチさんは俺のアナルに自分の唾液を塗ると、

舌先を尖らせて舐めまわし始めた。

俺は、

ゾワゾワッという感触に感じてしまい、

アッ、アッ、と声が漏れてしまった。

そして、しだいにアナルがほぐれてくると、

舌先が少しアナルに入り始めた。

俺は、初めての気持ちよさに身体をよじらせていた。

すると、ダイチさんは俺のケツを叩きながら、

いちいち動くなよ、

この変態メス牛が。

次に声出したらお仕置きだからな!

と俺に命令をした。

俺は、お仕置きされてみたい!という気持ちはあったが、

ダイチさんの命令通りに声を我慢した。

でも、あまりにも気持ちが良いので身体をよじらせていると、

ダイチさんは太い腕で、

俺のケツをしっかりとホールドし、

指を入れ始めた。

人差し指はすぐにすっぽりと入った。

次にダイチさんの太い中指が、

俺のケツに入ろうとしているのがわかる。

俺は、中指を受け入れる為に、

ケツの力を抜いた。

すると、最初は入らなかった中指も、

ダイチさんがグイッと押すと、

次第にズボズボッと中に押し込まれていった。

指がすっぽりと入った時に、

ダイチさんが急に俺の前立腺を2本で刺激した。

俺は、ついアッ!と声を出してしまった。

すると、ダイチさんはニヤニヤしながら

声出しちゃったね、

お仕置き決定!

と楽しそうに笑った。

 

※2021年1月9日投稿作品の再掲載になります。

88x31_2