東京のネカフェって凄いんだね!

 

gayjapan

 

東京のとある大きなネカフェで、

パソコンなどでエロページを見ながら服の上からちんちんを擦っていた。

アイドルの写真集なんか見ていたらどんどんむらむらしてきて昼間だったので人も少なく生ちんをだして刺激を与えていた。

僕は喘ぐほうで声を殺し

「あっあっあっ…‥」と小さな声をだしていた。

ピークに近づくにつれて声が大きくなった。

するとドンとすごい音がした。

びっくりして椅子に座ったまま上をみると、

お兄さんがのぞいていた。

そこは鍵はしまるが、

ドアが低いので背伸びをしてのぞこうとするといつでものぞけるところだった。

お兄さんはニターと笑い、

「お店の人に言うよ」といい、

「鍵、鍵」と僕に言った。

正直ちくられることにびびり、

鍵を開けた。

するとお兄さんは鍵をしめ小さな空間に入ってきた。

「へぇ~アイドル好きなんだ。

写真集にでもぶっかけようとしたの?」

などと小さな声で話してきた。

僕はこの状況になぜか興奮し、

今まで以上にぎんぎんになっていた。

すると、

「なに立たせてるんだよ。」と強くしごいてきた。

あまりにも気持ち良く、

大きな喘ぎ声をだしてしまった。

するとお兄さんが、

気持ち良くなりたかったらトイレにいこうと言いだした。

僕はこんな経験もなかったし、

少し恐かったので拒否をした。

すると「しかたがねーな。声だすなよ」といい、

僕の我慢汁を指につけアナルに入れてきた。

確実に僕は気持ち良くなってしまいどうにでもなれという気分になった。

すると僕自らお兄さんの盛り上がったズボンに手を添え、

軽くしごいてあげた。

あっちは少し驚いた表情でちんこをだした。

普通サイズでだしたと同時に我慢汁がすごくついたちんこを僕のほっぺたの方にもってすりつけた。

僕はそのちんこを軽く舐めた。

「舐めるんじゃなくてくわえろ」と言われたがくわえなかった。

すると無理矢理僕の口に押し込んできた。

初めての体験なのでやり方がわからず拒んだが、

それでも押し込んできた。

ちんこの根元の方までくわえてしまいむせた。

よだれと我慢汁で僕の口の中はいっぱいになり服は汚さないようにしたけど、

案の定べちょべちょになった。

88x31_2

仕方がなくフェラをしたがへたくそらしくお兄さんは口から抜き、

僕の顔の前でしごきはじめた。

顔射だけはマジ勘弁。

相手「はぁ、はぁはぁ、うぅ、」と

いきそうみたいな顔をしたときアイドルの写真集をそっととり開けた。

ページを顔の前にたてて、顔射をよけた。

すると、

「トイレにいこう」といいだした。

僕も服が汚くて行きたかった。

これで終わりかな?と何とも言えない感じになった。

お兄さんだけいってしまい、自分はいけなかったからだ。

トイレにはいるなり少し不満そうな顔をした。

するとお兄さんが便器に座り、

上に乗りなと言った。

騎乗位?とかとおもったがお兄さんのちんちんは元気がなかった。

乳首でも吸われるのかな?と思いぎんぎんにしたちんこを曝け出してお兄さんの上に向き合う形で座った。

僕が鍵をしめて期待すると、

元気のない、自分のちんこをしこり始めた。

僕はやばいと思いでようとしたが、

もう遅かった。

お兄さんは、

「気持ちいいぞぉ」と僕アナルに入れた。

なんか、電撃が走ったような快感になり、

「あっっ、あ~、すごい」といってしまった。

僕、自ら腰を振って気持ち良さを求めた。

それと同時に僕のちんこをしごいてくれた。

僕が「いくぅ、いっちゃうよぉ、お兄さん、気持ちいいよぉ~」というと

しごくのをやめていかせないようにした。

少し経つとお兄さんが「僕、いっちゃうよ。お兄さん限界。

僕の中に出しちゃうよ!!いい?いくよ?いくよ?」と言った。

それと同時にしごくスピードも早くなり僕もいきそうになった。

「中だしはやだよっ、あっ、あっ、うぅ~、あっ、」

僕が先にいき、ぐったりしたときにお兄さんが、

「いくっ」と言った。

僕は力を振り絞ってアナルから抜いた。

おしりにだされ。

お兄さんもぐったりとなり、

「次、いつする?」といい出ていった。

よだれと精子まみれの僕は、トイレにのこり、

ぼーとしていた。

数分後帰りたくなりトイレットペーパーでふき個室に戻ると、

1万円が置いてあった。

今思うとすごい刺激的なえっちだったと思う。

それから僕はアナルオナニーにはまっている。

br1