ネカフェで満喫しちゃいました。

 

br1

 

仕事帰りにネカフェ寄った時の話し。

僕は24歳の社会人。

仕事の鬱憤と性欲がかなり溜ってたんで

ネットでエロい相手を探そうかと思いネカフェに行った。

その日はたまたま個室がほとんど人の来ない無い

一番奥の部屋だった。

中々良い相手も見つからず某掲示板のチャットに

「淫乱リーマンっす。暇でネカフェにいるんで侵しに来てくれるかチャット調教お願いします」と

暇潰しでチャットに部屋を作った。

気分出すためリング3連付けると、

S親父がチャットに入って来た。

S親父の言葉責めに興奮してきた僕は命令通り個室で全裸になり、

ケツマンには持ってきた張型を入れオナニーをしてイキそうになると止められすん止め調教を受けた。

S親父の巧みなチャット調教と人が来ない一番奥の個室という安心感からかなり大胆になっていた。

ネカフェでこんな恥ずかしいことをしているという感じが

より興奮させ普段より感じてしまい理性がぶっ飛んでいた。

いきなりドアが空いて見知らぬ男が突然個室に入ってきた。

めちゃめちゃ焦った。

男は突然乳首をおもいっきりつねりながら耳元で

「おもしれ~ことやってんじゃか淫乱野郎」

「えっ」

「嫌じゃね~よな?リングマラビンビンにさせてケツマンに張型打ち込んでおいてよ」

「それに淫乱野郎のくせに中々いいモノ持ってんじゃね~かよ。楽しませてもらうぜ淫乱野郎」

この状況で嫌とは言えず無言で頷くしかない。

それによく見て見るとかなりいいガタイした結構タイプの兄貴だった。

「何でも言うこと聞けるよな?」と言うなり

おもいっきりマラを握られる。

「お前だけ何感じてんだよ。僕のも気持ちよくさせろよ」と

パンツを下ろすとまだ立ってもいないのに大きいデカマラが現れた。

くわえると口の中でみるみる大きくなり収まり切らなくなった。

無理やりデカマラを奥まで打ち込まれ喉マンを侵される。

その間もケツマンには張型打ち込んだままで興奮からビンビン状態。

しばらくすると兄貴が椅子に座りパソコンの机の下に潜り込んで口マンで奉仕させられる。

兄貴は何かパソコンでやっている中々イカない。

1時間以上口マンでデカマラに奉仕を続けて顎がガクガクになってきた。

いきなり兄貴のデカマラ口マンから抜かれ椅子の上に跨るように命令される。

ここで掘られるのは無理と思いながらもケツマンうずきっぱなしでしょうがない。

鞄からオイルを取りだし兄貴のデカマラとケツマンにオイルを塗り跨る。

兄貴のデカマラがメキメキと入ってきた声を出さずにいるのに苦労する。

最初はかなりの激痛だったが、

座ったままデカマラで突き上げられマジ気持ちいい。

トコロテンするとこで止められる。

「勝手にはいかせね~ぞ」

「いい顔しやがって」

壁に手を付いてバックからガン掘りされマジ長時間掘られる途中で壁目がけてトコロテンしてしまった。

二回目のトコロテン寸前に兄貴もイキそうになってきて。

「どうして欲しい?淫乱野郎」

「中出しして下さい」

「兄貴の精子をケツマンに下さい」とお願いする。

最後猛ガン掘りされトコロテンと同時に中出ししてもらう。

兄貴のデカマラ口で綺麗に掃除する

88x31_2