肉便器になりたいんです!

 

br1

自分はゲイやバイではありません。

昔から彼女がいるし、男性との経験も有りませんでした。

ただ、性癖が異常なんです。

野外で素っ裸になって走り回りたいし、

そんな自分を蔑んだ目で見てほしいし

性奴隷とか肉便器とか非人道的な扱いを受けたいんです。

ゲイでもない自分が男性に犯される

こんな屈辱はありません。

この前そんな性的なムラムラが爆発してしまって

遂に行動を起こしました。

掲示板で僕を肉便器にしてくれる男を募集すると

女物の下着を履いたまま指定の温泉施設に向かい

脱衣所で待っていました。

すると下着姿になれと命令のメールが・・・

こんな多くの人が出入りする場所で女物の下着姿に

なるなんて恥辱だし、間違ったら摘み出される。

どうしようか迷ってモジモジしてたら

羞恥心を捨てないと無理だ・・・止めるか?と

再びメールが入った。

意を決して脱ぐと何人も私の横を通り過ぎました。

意外にコチラに気づく人もいなくて安心してると

いきなりケツを掴まれた。

振り向くとそこには

大学生くらいの可愛いイケメン。

でも・・・目が会うとニヤっと笑い

無言で服を脱ぎだした。

パンツを下ろして露出したチンコを見ると

真っ白で陰毛も少なくて、皮も被っていました。

美男子なのは嬉しいけど、

正直チンコに関しては残念でした。

彼は僕の女物の下着を剥ぎ取ると、

自分はタオルで股間を隠し、僕には何も持たせずに

露天風呂まで案内してくれました。

そこは奥まった場所で露天風呂スペースの入り口ドアを

置いてあったモップみたいなので押えると

誰も入ることの出来ない個室になりました。

彼は私をお風呂の椅子に座らせ後ろから乳首を刺激し、

首元を優しく甘噛みしたり焦らすように刺激してくれ

私はギンギンに勃起してしまいました。

そんな私のチンポを彼は

「大きくなりましたね。」と言って

後ろからシャンプーを塗り手コキしてくれました。

これがまた上手で速攻で射精しました。

でも彼は手コキを止めてくれず、

刺激が凄すぎて頭真っ白になりジタバタ叫びながら

オシッコを漏らしてしまいました。

あれ潮吹きだったんですね。

潮吹きしてグッタリしていると彼が

「そろそろ僕のも気持ち良くしてよ」と

チンコを顔の前に持ってきたんですが、

さっきと違いギンギンに勃起して真っ赤な亀頭が

露出してエロかったんですが、

サイズが全然違うんです。

通常時は可愛い包茎チンコなのに勃起したら超極太でした。

ウッハー超ラッキーと思い口に咥えご奉仕して

彼が「そろそろ女にしてやるよ」と

私のアナルにシャンプーを塗りたくり

軽く解しただけで、デカマラをブチ込んできたんです。

余りの激痛に彼を押しのけ逃げ出しました。

でも露天風呂スペースのドアを開けると

5人ぐらいの男たちが全裸で立っていました。

その男たちは私を羽交い絞めして

あのイケメン君の前に連れ出して

四つんばいにさせられ体を押さえつけられました。

私は絶叫して助けを乞いましたが

あの極太巨根がまたメリメリ挿入され失神しました。

目が覚めるとイケメン君は去っていて、

私のアナルは違う男のチンポが刺さっている状態でした。

あのイケメン君のデカマラで犯されたからアナルが拡がり

今は全然痛くありませんでした。

それどころかヌチャヌチャと音を立ててピストンされる

衝撃と快感で私の股間もグングン元気に・・・

それを見た他の男達は笑いながら、

変態、淫乱、狂人とか罵声を浴びせていましたが

最後に完全に肉便器だなと、誰かが言った瞬間に

私は念願の肉便器にされたんだと、

歓喜と共に射精感が込み上げトコロテンしちゃいました。

その後も皆に廻され体中にザーメンを浴びせられ

恥辱に塗れながら犯され続けました。

それなのに、男たちが去っても中々勃起が収まらず

温泉から上がる事ができなくて困っちゃいました。

自分で言うのもなんですけど、変態ですね。

88x31_2