ノンケのザーメンって妙にエロい!!

 

 

女にモテるノンケって、セックスと言うか人の扱いにに慣れてるせいか、ケツ掘りの上手いヤツが多い。

セクフレの中に既婚者がいる。

この前連絡があったから、嬉々として洗浄して待った。

するとカギかかってないドアが勝手に開く。

「おまたせ!」なんて言いながら、

ファスナー下ろしてイキのいいチンポを咥えさせる。

「またアナルからヨダレ垂らしてスケベだな」

「メール来っと欲しくなっちゃってさ、アナルがヒクヒクしてるよ。」

ヤツも裸になると、俺のモロ感乳首とか、

チンポ咥えて先っぽべろで攻めたり、

俺の上に乗ってキンタマの擦りっこした。

「あ~欲し~」俺はケツせがんだけど、

「まだ遊ばせろよ」なんて言ってなかなかハメてくれない。

実言えば俺もアナルに欲しい反面もっと楽しみたい気持ちも強かったから、

思う存分彼には楽しんでもらうことにして、

俺もヤツのチンポやヤラしいキンタマを味あわせてもらう。

「奥さんともヤッテんの?」

「まあな、でもカミさんナマでヤラしてくんねーんだよ。

ガキが出来るとめんどーだってな、

おまえとだったらそんな心配しなくて済むし、

アナルの具合も良くて最高だよ」

なんて言いながら俺の足首を掴んで、

まんぐりかえし?の体勢でアナルを舐めてきた

「ううっっ」あんまり気持ちヨクて、俺は声にならなかった。

「ヒクついてんなぁ、そろそろ欲しいか?」

「う・・ん、早く欲しっ!」

br1

指にローション付けて俺のアナルをかき回すと、

自分のチンポにもしっかり付けていよいよ合体!

「んあぁあx!」

「使ってる割には締りのいいアナルだな、どうだ、気持ちイイか?」

「うんっ、うんっっ!さいこー!!」

なんか会うたんびにアナルが良く感じてきてる気がする。

「たまんね~俺ヤベ~よ、中出していいか?」

「うんっっ!いっぱい種つけて!!」

体がガクガクってして

「うぐっうぐ!」っていいながら中でチンポがビクビクって動いた。

俺は種を一滴残らず搾り取るように、アナルにちからを入れた。

「ううっ、おいおい、俺のマラが切れちまうよぉ」

しっかり搾ったので、しばらくしてチンポがスルっと抜けた。

「あ~スッキリしたよ、じゃまた溜まったときたのむわ」

なんて言いながらさっさと服着てるヤツに、

「こどもが出来たら責任とってね。」

なんて冗談めかして言ったら苦笑いしてた。

帰った後でアナルの後始末をしながら、

出てきたザーメンをしみじみながめた。

「おぉこれがノンケの種なんだ~」

なんて思ったら妙に感心しちゃってた。

88x31_2