隣のイケメン旦那さんのパンツ

 

br1

 

私は31歳の既婚サラリーマン。

家族には秘密にしてますがバイで男性経験もあります。

自宅はメゾネットタイプの3棟ある建物です。

隣に若くてイケメン旦那さんがいる家族が引っ越してきました。

ご主人さんはモロに私のタイプでした。

顔はジャニ系で体はガッチリ筋肉質、

多分年齢は二十代前半と思われます。

挨拶は済ませ、

その後は日常会話をチラホラする程度の

コミュニケーションは取っていました。

仕事は営業をされてて、

会社のサークルで

趣味のサッカーをしているリア充ってヤツです。

ある日、洗濯物で失態をしてしまいました。

私が休みの日に妻が外出するので

洗濯物を干す事を託けられました。

仕方なく干していると隣の洗濯物が目にはいりました。

隣のご主人はどんな下着を履いているのか気になり・・・

表玄関に出て隣の駐車場をチェックしました。

通常はご主人と奥さんの二代ありますが、

その日は空だったから家には居ないと確信しました。

そして裏庭の物干しスペースに。

隣の物干しスペースには低い塀を跨げば敷地に入れます。

つい洗濯物を物色してしまいました。

すると隣のご主人の下着二枚ありました。

2つともボクサータイプでした。

一枚は薄い赤のチェック、

もう一つはボーダー柄で、

2枚ともローライズで布の面積が狭く、

意外にエッチな感じがして、

興奮してしまいました。

ご主人が履いている姿を想像してしまい、

股間の部分を触ってしまいました。

そして、その部分に私の鼻を近づけてしまいました。

洗濯物の香りしかしませんが、

使い古してて、

少し白い生地が黄ばんでいる感じで更に興奮。

一枚だけもって帰り、

履いたり被ったりしてオナニーしちゃいました。

そして、股間部分にザーメンを塗り、

バレないように元に戻しておきました。

翌日朝に旦那さんに出会って挨拶したときは

ドキドキと興奮が交じり合って、

イッちゃいそうでした。

88x31_2