ノンケの友達が寝てるすきに悪戯してやった

 

88x31_2

 

昔は週末になると友達のマサルと女の子をナンパしに行ってたんよな~。

俺はその頃からマサルが好きで

一緒にいたいが為に

そんなに女が好きでもないのに

ナンパに付き合ってた。

マサルも時々冗談ぽく俺のチンポのサイズを聞いてきたり

抱き着いてきたりしてしたりして

俺に気があるんじゃないかと勘違いさせることをするんで

益々気になって仕方なかった。

ある晩いつものようにナンパしに行ったんやけど

不発に終わって

お互い歩き疲れてクタクタになったもんで

帰ることにした。

俺の運転する車に乗り込み

いつものようにマサルの家まで走らせた。

しばらく走るとマサルはグウグウ寝息を立てて

可愛い顔して寝てやがんの。

信号待ちでふとマサルの股間を見てみると

欲望を発散できなかったからか

超勃起しる。


車を路肩に寄せてから

いたずらっぽくその膨らみを2本の指で挟むと

「う~ん」って寝返りうって

さっきより触りやすい体勢に。

今度は挟むと言うより握る感じで触ると

「お前も溜ってる?」って目をパッチリ開けて

可愛い顔で聞いてきやがるんよ。

「当たり前だろ!シャブってよ~」って

冗談ぽく言ってみたら「いいよ」って

俺のジーンズを手慣れた感じで脱がし

歩きまわったせいで蒸れ蒸れになったボクサーパンツの上から舌を這わし

上目づかいで俺の戸惑う様子をジッと見てやがんの。

こうなったら思いっきりヤるっきゃない。

車を山道に続く路地に停め直しディープキスしたり乳首を吸い合ったり で

今度は反対にマサルのズボンを脱がし

蒸れた男臭いチンポを思いっきりフェラしてやると

「ンア~」って喘ぎやがんの。

我慢しきれずマサルに跨り

女とヤる為に持ってきてたローションをマサルのチンポに塗りたくって

ケツにナマ挿入。

「エッ?ちょっと・・・」って顔してたけど

気持ち良すぎてか

さっきよりも増して大きな喘ぎ声がでてしまう。

何度もピストンせんうちに種づけされた。

「気持ち良すぎもう1回いい?」って2戦目の始まり。

2人ともマッパになって全身

汗とザーメンで車の中は雄の匂いでムンムン。

今はマサルも結婚してるけど、

時々アナル提供しています。