ノンケ友達

 

 

俺は若い頃に

友達を家に誘い

夜中にちんこを

しごくのが大好きだった

友達はほとんど同じ会社のノンケの人間だった

ノンケといってもみんな若いので

夜中にちんこをしごかれると

当然勃起するし

射精もする

しごかれて嫌がる友達は一人もいなかったね

みんな最後は出るって言って射精してしまう

初めて泊まりに来た友達なんかは

夜中に手を出すけど

2回目になるともう布団の中に入った時点でチンコに手を出す

そうやってほとんどの友達

を昇天させている

でも一人だけ

射精までできなかった友達がいる

俺は会社でラインに外注メーカーから機械を入れる仕事をしていた

新しい機械を入れた時にそのメーカーから来た若い担当者が

俺の好みの子だった

メーカーから来た担当者は一週間ぐらいは

機械につきっきりで調整する

その間に俺はその若い男の子と仲良くなり仕事が終わった後に食事に行ったりした

でだんだんと仲良くなり家に来るように

誘ったりする仲になる

その子は九州から

出てきた子で会社の寮で寝泊まりをしていた

だから当然食事なんかでも料理まずい食事で満足している状態ではないので

食事に誘うと喜んで泊まりに来た

初めて泊まりに来た日に

少しだけ飲ませて

布団を並べて寝たんだ

寝息が聞こえ出してから

手をその子の股間の上ぐらいまで持っていく

そのままゆっくりと手を下ろすと

手のひらで柔らかい

ちんこの感触を感じる

自分の会社の人間ではないので

手を出すっていうことがすごく勇気がいる

でも当然我慢できるわけないから

感触で分かるちんこに

少し刺激を与える

二本の指でちんこを挟んで

少し力を入れたり緩めたりする

すぐにちんこが固くなってくるのがわかる

初めはパジャマの上から揉んでいるだけなんだけど

我慢できなくなって

パジャマの中に手を入れて

パンツの上から触る

ますます我慢できなくなり

最後はパンツの中に手を入れて握ってみる

でもまだ上下にしごく勇気はなくて

手でチンコを握って大きさを確かめるだけで終わった

その時に彼が目が覚めていたのかどうかは分からない

それから何回も彼は泊まりには来たのだが

夜中にチンコに触ることはするが

最後までする勇気が俺にはなかった

でも何回か泊まりに来ているあいだにちんこに触った時に

何回か上下にしごくことはあった

多分その頃はその男の子はその触られとる時には

目覚めていたと思うんだよな

でも俺が触って勃起しているといっても完全なギンギンな勃起状態じゃないんだよな

だからいまいち俺も勇気が出ないんだよ

そういう状態が続いた

時にある晩にちんこを握った時に

無性にフェラがしたくなった

フェラというより舐めてみたかったんだ


パンツを少し持ち上げてちょっとおろし

彼のちんこをくわえてみたんだ

舌で舐めてみると

そこから一気に彼のチンコが膨張した

多分彼は起きていたんだろうね

なめられた刺激に我慢できなくて

思わずチンコが

大きくなってしまったんだろう

その時の大きさは今でも覚えているが

反り返って

太いちんこだった

彼は仮性包茎だったので

夜中に触った時の半勃起の状態では

皮を被ったままなんだ

その時は完全なズル剥けた状態になっていた

俺はその時に彼が

起きているとは思わなかったので

びっくりして口を話してしまった

その後は触ることもなく朝が来てしまった

そこから先に手を出して

しごくということが自分では勇気がなかった

本人に嫌われたくないっていう気持ちがあったんだ

起きている時に彼のちんこに触ると彼は嫌がって怒ったからね

だからずっと彼のちんこをしごきたいけどしごけない

何回も泊まりに来ているけど夜中に少し触る程度で我慢だった

月日が経ち

彼が金がいることがあり

俺に借金したことがある

もちろん俺は

快く金は貸したが

彼はなかなか返す余裕がない

ある時に俺は思い切って

金が返せないようだったら

俺にしごかせてくれない

と聞いたことがある

その時に彼は金は返すからとはっきり言った

やはり彼は

俺にしごかれるのが

いやみたいだ

夜中に触られたりするのは

いいのかもしれないが

射精するのは嫌みたいだ

今思えば

前に舐めてチンコが大きくなった時に

そのままフェラをして

射精まで持っていけたかもしれない

俺が会社を辞めてからは

その彼と会うこともなく

何年か後に

出会うことがあった

その時は彼は他の県にいて

用事があってこちらに来泊まるところがなくて

俺に連絡してきた

5年ぶりだったかな

その時もやはり俺は夜中に触ったのだが

ちんこが少し固くなった程度で前ほどの勃起もしなかった

年齢的には彼も35を超えていたので

仕方ないのかもしれない

20代の時と

30代とでは

夜中に触られたとしても興奮の度合いは違うのかな

その時も彼は

独身だったが

あれからもう30年経つ

彼は今はもう50代

どこに住んでいるのかも

分からない

俺も今は住むとこが変わって彼もわからない

でもたまに今も時々

彼を思い出すことがある

俺が今まででただ一人

射精まですることができなかった彼

出来れば今の彼に会ってみたい気がするよ

88x31_2