発展トイレの公園で・・・

 

br1

 

発展トイレで盛り合うことにした日のことです。

待ち合わせより少し早めにトイレに入りました。

僕はウケなので自宅で一応アナルは洗っていましたが、

念のため浣腸してさらに綺麗に洗って待ってました。

しばらくすると相手の人が来て、

ドアをノック。

鍵を開けて入ってもらうと、

僕は下半身脱ぎ始めました。

相手の人はガチムチのタチの方で、

僕が下半身脱ぐのを見ながら洋式便器に腰掛、

寝そべるような体制で

「オラ、ケツの穴なめろや」と。

命令口調にびびった僕は言われるがままに相手の人のアナルを舐めました。

舐めてる最中に垣間見えるチンポは、

長さこそ普通サイズでしたが、

太さが普段使ってるディルドよりかなり太いチンポでした。

言われるがままアナルを舐めていると、

みるみるその太マラは勃起して僕の目の前でアナルを舐めるたびにビクンビクンはじけてました。

相手の方が僕の手をとり太マラを握らせるので、

僕はその太マラをしごきはじめました。

その太マラからはすぐに我慢汁が溢れ、

大きな亀頭がヌルヌルに。

すると今度は「コラ!次はしっかりしゃぶれ!」と。

又、僕は言われるがままに太マラにむしゃぶりつきました。

今までに咥えた事が無い太さにビビリながら、

必死でしゃぶりました。

「上手いじゃん!そろそろぶち込むから上に乗れ」と言われ、

僕は自分でアナルにローションを塗り込み、

初めての太さの太マラを自分の手でアナルにあてがい、

ゆっくりと腰を下ろしました。

するとその太マラはメリメリと僕のアナルをこじ開けて入ってきました。

「オラ、ケツ上下して気持ち良くさせろや!」と言われ、

僕は自らシリを上下に動かしピストンを始めました。

今までに無いアナルが拡がるのを感じながら、

痛みがあったピストンもやがて快感に変わりスピードを上げて行きました。

不意に相手の方が腰を突き上げたので深くアナルに太マラが突き刺さり、

僕は思わず「あぁ~」と声を出してしまいました。

相手の方はそのまま腰を上下させ

「いいか!?中に出すぞ!」と。

僕はうなずきながら尻を上下に振り、

下からの突き上げとの快感を感じながら、

中で太マラはビクンビクンと精液を吐き出すのを感じました。

しばらく太マラに跨ったままでいると

「おい、舐めて綺麗にしろ」と言われ、

指示通りローションと僕のアナル汁、

相手の方の精液まみれの太マラをしゃぶりました。

鼻を突く栗の花の臭いとほろ苦い精液の味を味わいながらしゃぶっていると、

再びその太マラは勃起しました。

「オラ!次は立ちバックでやるから」と言われ、

僕は立ちバックの体制で尻を相手の方の方に向けました。

尻を両手で掴まれたかと思った時、

また太マラは僕のアナルに突き刺さりました。

そのまま相手の方は激しくピストンを始め

「お前、やりまくってるだろ、奥がすげえトロマンじゃん」と言いながら、

覆い被さるようにしてきたかと思うと僕の粗末なチンポを握り「いかせてやるからな」と

僕のチンポをしごきながらピストンを続けました。

僕はアナルの快感とチンポへの快感でアッと言う間にいかされてしまいました。

僕がいってる間に相手の方も

「すげぇアナルがヒクついてるじゃん、たまんねぇ~!」と言いながら二回目の中出しをされました。

相手の方はおもむろにチンポを引き抜き

「分かってるだろ、チンポ綺麗にしろ」と。

僕は再度、太マラを綺麗に舐め上げました。

そしてトイレットペーパーで太マラを綺麗に拭くと相手の方はさっさと身支度し

「溜まったら、又やるからな」とトイレを出られました。

僕は今までに経験の無い太さに軽いアナルの痛みを感じながら、

見ず知らずの人の精液を中に受け入れたまま家路につきました。

88x31_2