公衆トイレで二人ゲットした!

 

br1

 

この前、やりたいモードで掲示板に投稿。

一人目は俺のタイプの短髪の太マラ兄貴!某体育館の外の公衆トイレで兄貴と待ち合わせ。

俺が先に着き、障害者用トイレで待つとメールを入れた。

しばらくすると兄貴が中に入って来た。

俺は直ぐにケツを突き出しマンコにオイルを付け、

自分でケツを振りながら挑発した!

兄貴はケツにマラをあてがい一気に入れてきた。

堪らなく喘いでいた俺!兄貴は 気持ちいい と連呼してた。

俺も淫乱モード全開!

自分でケツ振りなが、

喘いでいると、兄貴が更にガン掘り。

もっと欲しいかって言葉責め!

俺は素直に、もっと犯してくれと兄貴に。

しばらくガン掘りされてると、

兄貴が 種付けしてやる って言ったから 俺は 種下さい。

孕みてェ~! って兄貴に言った。

それから兄貴は イク!イク!と言いながら俺の中で果てた。

俺はまだ行かずにいた。

お前イカなくていいのかと言う兄貴。

俺はいいっすよ!と答えた。

兄貴は手を洗いながら、

また、やろうぜ!気持ち良かったぜ!て言いながら

キスしてきた。

俺は またお願いします!と伝えた。

それから二人はその場を後にした。

まだイッテない俺は某発展場の公園で待機!

携帯でサイト閲覧してるとここの公園の投稿がある。

俺は公園のトイレに行ってみた。

でも誰もいない。

トイレ近くのベンチに座ってしばらく様子を見てると、

誰がトイレに来た。


俺は女トイレに入り履いていた、

ズボンとパンツを膝まで降ろして洗面の上に座り、

マラシゴキながら待機。

しばらくすると、さっきの奴が中に入って来て、

いきなり膝まづき俺のマラをくわえて来た。

しばらくくわえさせていた俺は奴はウケかもと思い、

ケツ掘りてェ~って奴言ってみた。

だが奴は何も言わず反応がない。

しゃぶり好きか?と思っていると、

奴は俺を後ろに向かせて俺のケツを舐めてきた。

奴はタチだった!奴は20分位俺のケツを舐めていた。

俺もまた一気に淫乱モードにスイッチが入った。

奴は俺に掘らせてくれっていいながら、

後ろからマラをケツに押し当ててきた。

俺は何も言わずに奴のマラを握り穴に導いた。

奴の唾液で寸なりマラは中に入った。

大きくはないが気持ちいい。

俺のケツはさっきやられた兄貴の種で中がトロマンになってる。

奴は メチャ気持ちいい て言いながらガン掘り。

俺もラッシュ嗅ぎながら喘ぐ。

奴は俺の耳元で俺初めてなんですよ!男とするの!て言ってきた。

前から興味はあったし俺はホモだって事も自覚してた。

だけどイマイチ勇気が湧かなくてって言いなら、

ガン掘りが続く!俺は自分のマラをシコリながらラッシュ嗅ぎながらケツを振った。

奴もそろそろイキそうと言う。

中で出していいですかと言うから、

いいよ!と言うと更にガン掘り!

奴がイクよと言うのと同時に俺もイクと言いながら果てた。

そして終わった後奴としばらくベンチで二人で話をした。

年は俺より八つも下で二十歳だって!ビックリ!

年下には見えたがそんなに違うとは思わなかった。

正直な話、ちと老けてるかな!と思いながら世間話して奴がまたしたいからとアドの交換をした!

そして別れた!一日に二人になれてチョー満足な一夜だった。

中出しはやっぱり止められないっすね!俺は今、

地方なんでたまには、

都内とかのやり部屋とかで廻されてみたいっすね!また書き込みします!

88x31_2