羽交い絞めにされて・・・

 

br1

 

ネットで精力剤を買ったんで久々に発展場行ってきた。

まずはシャワ浣して仕込んで大部屋に。

早速ヤってる奴らが居る中、

キまるまで座ってやってる連中を見てたら いきなり顔の横にギンギンに立ったデカチンポが。

見上げると体育会っぽいガッチリが咥えろとばかりにチンポを口に押し付けてきた。

もちろん僕は咥え、

しゃぶり倒す。

喉の奥に押し付けられ、

キまってきたのか吐き気がし、

一旦咥えてたチンポを吐き出し 吐き気をガマンしてるとケツ側に回られて体育会ガッチリはケツマンコをいじりだしてきた。

もうちょっと気分が良くなるまで待って欲しかったけど 体育会系はそのままチンポをケツに挿入。

僕はセーフ派だったんでちょっと待ってと前に逃げ、

抜こうとしたが腰をつかんでガンガン掘ってくる。

中出しはマズいととにかく腰をクネらせて逃げようとする僕に精力剤を飲ませてきた。

いきなり力抜けてボーっとして、

掘られてる自覚なくなってとにかく気持ちよくなった。

目の前に出されたチンポ見て自分から咥え、

ケツの快楽に身を任せるとなんか幻覚っぽく映像が見える。

しばらく掘られて、

僕もしゃぶってたと思うが体育会系ガッチリの

「いくぞ」って声で我に返った。

急に中出しされるのが怖くなって

「ちょ、まって中出しは・・・」と

腰で逃げると体育会系ガッチリはピタっと動きを止めた。

急に気持ちいいのがなくなって残念なのとホっと安心したところに体育会系ガッチリが僕にチンポしゃぶらせてたヤツに合図。

自分で腰振り出したら、

体育会系がズボっとチンポを抜く。

背中から覆いかぶさられて

「種付け嫌なら掘ってやんねーよ」と意地悪く言う。

僕は指でケツマンいじりながらかなりの葛藤があったが「入れてください」と頼み込む。

また体育会系ガッチリのガン堀りが始まり、

快楽に身を任せる。

そしてまた「ほら、いくぞ?種付けすんぞ?」と声をかけ、

僕にチンポしゃぶらせてたヤツが「ほら、

種付けしてくださいって頼めよ」とけしかける。

「頼まないと掘ってもらえねーぞ?」と「ほら、

種付け」言われながら精力剤を吸わされた。

僕も狂ってきてつられて「種付け」と一緒になって言い、

ついには「種付けしてください」と頼み込んだ。

病気は怖いけどいつも想像してた僕のド変態な姿。

生で廻されて種壷になる姿を想像してオナネタにしてた。

精力剤で理性がプチっと飛んで

「ガバッガバのケツマンコに子孕ませてください!」と叫んでいた。

その頃にはギャラリーも増えてきて、

僕が叫んでるのを聞いては

「スッゲー!セーフのヤツが種付け便器に落ちたぞ」と乳首やら接合部やら勝手に触りまくっていた。

体育会系ガッチリは望み通りといわんばかりに

「ほれ、いくぞ、オラ」と体育会系ガッチリは僕のケツマンの奥に大量のザーメンをぶっぱなした。

そっからはもう変態三昧。

チンポしゃぶらせてたヤツも次にすぐケツにハメて、

ズコズコ掘ってる。

その前に掘ってた体育会系ガッチリよりも小さいため、

種がピストンにあわせてジュポジュポあふれてくる。

それを見て興奮し、

ハメてたヤツも中出し。

ソイツは「ホレ、お礼な」といって

精力剤を大量に置いていった。

そっからはもう誰彼かまわず公衆便所状態。

普段は相手にしないようなデブやらジジイも掘られてる間は関係ない。

喘ぎまくり。

なんか窮屈な幻覚だなーと思ったらいつの間にか2本挿しされてて

ギャラリーにはスゲー変態だなと言われケツからはザーメンたれ流れまくってるし 明るい場所につれられて公開ファックされるし、

見たら種付けしようとしてるキモいやつらが並んでるし、

「全員の種ケツで受けるまでかえさねーぞ」といわれ、

結局帰ったのが次の日の昼前。

駅のトイレでリキんだらシャバシャバになったザーメンがこれでもかって位出て、

あぁ僕も種壷になっちまったんだなあぁ。

88x31_2