サーファー連中にに輪姦されて

 

ゲイ動画BidanshiGakuen

 

前回ノンケのサーファーにケツがバカになるほどデカマラで種付けされてから

時々彼のアパートで種付けしてもらっていたけど

あるとき幼なじみのツレがすごく興味があるので

会ってみたいと言い出したらしい、

よくノンケの勘違いであるのはホモは男ならどんな感じでもいいと思っている事が多く

ろくな奴に当たった事がないので内心半信半疑で会ってみる事にした

当日彼のアパートに現れたのは坊主頭あごひげのスジ筋大学生彼実はも会ってみるまではナヨナヨした

オカマ言葉をしゃべるゲテモノが来ても驚かないように心の準備をして来たらしい(笑)

しばらく冷たい飲み物を飲んで車の話をしていたがふと俺に「今日は褌して来ているんですか」と聞いて

来たせっかくだからスピードのハーフパンツを脱いで見てもらうことにした

「 すげえ 博多の山笠みたいだケツの窪みがやらしいな」

そういいながら手でケツタブを撫で回す

「ウウ俺…」次の言葉が出てこない。

ウチを出る前にケツの中を掃除して軽く仕込んであるので触られただけでケツ穴がひくひくする。

「やろっか」サーファーの彼がいたずらっぽく笑いかけるでも

彼のナイキのハーフパンツの股間はどす黒い性欲を吹き出そうとしている

「生種欲しい」坊主の彼のジーンズをズリ下ろす。

いやらしい白いビキニ 我慢汁でスケスケになりデカイ亀頭が上にはみ出している。

「しゃぶってみろよ!」

俺はダッシュで食らい付いた

「すげえうまい 汗と先走りの塩味最高っす」

サーファーの彼が俺の六尺の中に指を入れてケツ穴を掻き回している。

「見てみろよこのケツの動き指を食いちぎりそうだぜ」

「女のマンコみたいに臭くないし病み付きになるぜ(笑)」「病気は?」

「何時もは生でなんかやらないし種付けなんかさせないよ。

検査も陰性」

そう言ったら安心したようだ、

誰がハッテン場にたむろしている奴らに生でやらせるか(笑)いくら俺でも選ぶ権利がある。

「すげえフェラチンボしびれそう」

「K(俺の名前)」は

上の口も下の口もたまらねえぞ

「サーファーはデカマラを強引に捩込んできた

「すげえ擦れる拡がっちまう気持ちいい!」

「前戯なしでも入れていいのかよ便利な穴! 」

坊主の彼は女との違いに多少戸惑っている。

「イケテる奴でないとやらせないよ」

俺はやっとそれだけの言葉を話した。

「変な奴になんて触られたくもない」

サーファーよりもまだ一回りデカイ肉棒と金玉 肉棒と袋を舌と唇で柔らかくしゃぶり嘗めまわしたサーファーは

何時もみたいにめちゃくちゃに動かしている。

俺はあまりの衝撃に前立腺とチンボが痙攣しそうだ

「うわっバカそんなに震わせるな」

「俺もう出そうだ」

「俺も出そう」

俺は緩みそうなケツと口を懸命に引き締めて二本のデカマラを 味わった

「アニキまだ出さないで下さいお願いします」

俺は意識が薄れる中でケツを振って哀願した次の瞬間ちょ直腸が熱い

口に青臭いドロドロの液体が流し込まれた

br1

「ウメエっす」

余韻を味わうように二人は肉棒を動かし続けた

俺は大事な液体を垂らさないように精一杯ケツと口をすぼめたスポンと音がしてケツと口から肉棒が引き抜かれたすぐに前後反対に嵌め込まれた

「うあああ」再び激しいピストンさっき散々拡がったケツマンコをさらに坊主のデカマラが襞を擦りながら

S字結腸辺りまで惜し拡げてくる硬えデケエ

「Kまだしないのかよトコロテン」

汗ばんだ顔で罵るように笑いかけるサーファー

「トコロテンって」と坊主

「コイツチンボ触らなくても射精するんだぜ」と

嘲るように坊主にせっかくするサーファー

「ホモって便利な身体してるなあ」

全員がこんな風ではないけどな俺だって相手がタイプでなければ痛いだけだし

そんな雑念を思ったのはつかの間

「あうあうあう」

ピストンが速まりケツマンコと唇が痙攣し半分意識を失いかけた

「思う存分味わえよ」

「ほしいようデカチンほしいよう ほしい~」

ケツを振りながらひたすら哀願する俺

鏡に映っていた顔は半分白目を剥いていた、

挟み込むように二人の若者が強姦するみたいに夢中で腰を動かしている

「こわれるよ~」

二人は返事もしないで一心不乱に突きまくっている。

「うあ」ケツが熱い生臭くておいしい

「こいつ裏返そうぜ」

ケツマンコから抜かれないまま仰向きにされてまたピストン!

今度は前立腺をもろに擦り上げるように往復してる。

駄目だ小便垂れそう…

次の瞬間白い六尺の前が生暖かい液体で透けていく

「スイマセン」

「男の潮吹きか初めて見たな」。

俺は快感と羞恥と満足感で呼吸困難に陥りそうだった

奴らは俺の醜態をみて一層火を付けられたみたいで吠えながら上下の口を犯す。

「 ああ漏れそうです」「

トコロテンしろ」

「トコロテンしてみろ、」

坊主とサーファーが交互に嘲りの言葉を吐き付ける濡れた六尺の前をずらされ混濁した意識の中で

射精したそれに刺激されたように二人も三回目の種付けをケツと口に遂行した二人の動きが止まったが

引き抜かれる気遣いはないようだった、

「扱いて出して見せろよ」

「お願いします見てください」

散々刺激されて爆発しそうだった俺は

すぐに種汁を吹き出した

三人とも正気を取り戻すのにかなり時間がかかってしまった坊主君は初対面の俺を面罵したことを

かなり気にしていたようだけど俺が心底愉んでいたことを説明したら安心しているようだった

もちろんまた次のケツ掘りも丁重にお願いする俺だった。

88x31_2