修学旅行で輪姦を経験した思い出。

 

br1

 

高校の修学旅行の旅館での思い出です。

最終日が4人で消灯後もワイワイ話をしていると、

ここまでオナ禁旅行をしてたからかエッチな話題に。

そして話が盛り上がり皆と目が合ってと思ったら 沈黙が訪れ・・・

何だ?と思った瞬間、 3人の友人が一斉に襲い掛かってきました。

着ていたTシャツとジャージを脱がされ ビックリして叫び声を上げた瞬間に口を押さえたれ パンツをはぎ取られ、

そのパンツを口の中に突っ込まれました。

そして布団の上に押し倒され、 3人にムキ出しになった僕の包茎チンポをマジマジとガン見され 更に3人同時に僕のチンポと金玉を思い切り揉まれました。

しばらく恥辱に耐えていると興奮して裸になった守彦が 荒い息を吐きながら覆いかぶさってきました。

守彦は勃起したチンポを僕のチンポに激しくこすりつけながら、 僕の初めてのキスを奪っていったんです。

残りの二人、夏彦と浩太も浴衣を脱いで パンツ一枚になると僕の乳首を吸いはじめました。


もう快楽に身を任せエロエロになった僕は 僕は夏彦と浩太のパンツの中に手を入れて、

ビンビンに膨張した硬く勃起したチンポを 握ってやりました。

小刻みに動かしてやると夏彦はすぐ我慢できなくなったらしく、

手でさすっているうちに、 高い声をあげてパンツ履いたままザーメン射精していました。

夏彦のパンツを下ろしてみると、 濃厚な精液がベットリとチンポや薄い毛に絡みついてました。

浩太はパンツを自分で脱いでチンポをしごいていましたが、 最後は守彦にチンポをさすってもらい、 守彦とキスをしながら昇天していました。

オシッコ並みの大量なザーメンが精液は僕と守彦の体にかかりました。

僕と守彦はハアハア息をしながら腰を振ってチンポを擦りつけ合い、 一緒にに射精しました。

お互いの出したもので体がヌルヌルになりましたが、 疲れきっていて裸のまま抱き合って寝ました。

朝起きたら全身カピカピで焦って体拭いて処理して遅刻しそうになった 今思い出すと楽しい経験でした。

gayjapan