酔っ払った勢いで見せ合いをするだけだったのに・・・

 

br1

 

新歓飲み会で知り合った先輩が酔いながら、

「オナニー見せて」と言われた俺は、

先輩の部屋に向かった。

初めて会った先輩は、

俺のタイプで綺麗な身体をしていた。

俺は先輩の部屋に入ると、

手を洗う口実でトイレに入り洗浄した。

トイレから出ると、

先輩は下半身素っ裸でベッドの上に居た。

淫乱モードの俺は、

直ぐさま服を脱ぎ捨てると素っ裸になって先輩の待つベッドへ行った。

オナニーを見せるだけだと思っていた俺は、

下半身素っ裸の先輩に少し驚きながらも、

先輩のチンコにシャブリついた。

ほど好い大きさの先輩のチンコを俺は喉元まで喰わえ込みながら、

自分のチンコを扱き始めた。

先輩の勃起したチンコを夢中でシャブリ続ける俺の口から先輩はチンコを引き抜くと、

壁に寄り掛かり俺のオナニーを観賞している。

素っ裸の俺は、

先輩の前で淫乱オナニーを始めた。

夢中でチンコを扱き続ける俺の脚を、

先輩は大きく開かせた先輩は、

俺の露になったアナルを指で刺激し始めた。

先輩にアナルを愛撫されて、

俺は更に淫らにオナニーし続けた。

すると、

突然先輩の指が俺のアナルに突っ込まれた。

先輩が俺のアナルに突っ込んだ指で前立腺を刺激し始めると、

俺のチンコから透明の粘液が溢れ出し始めた。

俺のチンコから溢れ出た我慢汁を先輩は掬い取ると、

俺のアナルに塗り付け始めた。

その直後、俺のアナルに激痛が走った。

先輩は俺の身体を押さえ込むと、

俺のアナルに勃起したチンコを一気に突っ込んで来た。

余りの痛さに動く事が出来ない俺に先輩は抱き着くと、

「ゆっくりヤルから…。」と、俺の耳元で囁いた。

そして、俺の痛みが和らいだのを見計らって先輩は腰を振り始めた。

先輩のチンコがアナルに出入りする度、

俺のチンコは固さを増していき、

血管を浮き上がらせた。

先輩のチンコでアナルを犯されながら、

俺は自らのチンコを扱き続け、

遂に射精の時を迎えた。

チンコの奥底から何かが噴き上がる様な感覚と共に怒張したチンコから雄汁を噴き出しながら、

俺は射精の快感と共にアナルに突っ込まれた先輩のチンコをも感じていた。

射精に因ってアナルが絞まり、

先輩も射精を迎えようとしていた。

「アァァァ、イキそうっ!アァァァーッ!イクッ!イクッ!イクッ!」

激しく腰を振りながら先輩は叫ぶと、

俺の身体を押さえ付けて、

俺のアナルの奥へ雄汁を吐き出した。

俺は自らの射精の快感と、

先輩が俺のアナルの中で射精の快感を感じている事に喜びを感じていた。

88x31_2