秘密にしてる隠れドMの先輩を屈服してやった。

 

br1

 

学校の先輩はガチムチで巨根で僕とはセフレとしてもう一年以上続いてて、

僕はいつでも掘られたいんだけど、

先輩はそろそろ飽きてきたって雰囲気。

そりゃ先輩はモテ筋だからセフレは他にもたくさんいるし。

そんな中、久しぶりに「今から行くから掘らせろ」ってラインが来た。

喜んでケツ洗って到着を待つ僕。

で、先輩が来て、さあやろうって時に、

ゴムを切らしてるのを思い出した。

先輩も持ってない様子。

僕は先輩なら生でもといつも思ってるんだけど、

先輩は誰とやるときでも絶対ゴムを使うらしい。

仕方ないからフェラだけでもと言っても、

それもゴムなしはダメって。

で、キレた僕(笑)

テレビ見だした先輩のスキを見て先輩の両手を後ろ手で縛る。

怒るか暴れるかすると思ったら、

何か様子が違う。

股間を触ってみたら、

それだけでガチガチになってる。


「先輩ってマゾなんすか?」って訊いてみると

「経験ないけど、悪くない感じだな…」って

恥ずかしそうに答える。

下半身を脱がせて見ると、

いつもより大量の我慢汁が糸を引いて、

でかいチンポはヒクヒク。

僕も調子に乗って「気取ってないでしゃぶれよ」って先輩の顔の前にチンポを出すと、

ちょっとためらいながらも、

何か決心したように僕のナマチンを舐めだす。

こうなったらもう僕のもの。

軽くビンタと言葉でいたぶりながら、

いつもは絶対舐めてくれないケツもたっぷり舐めさせ、

そのまま先輩の生チンに腰を落とす。

「ナマで…ヤバい…でもすげえ興奮する」と

呟きながら下から激しく突き上げだす先輩。

体位を変えながら、

たっぷり先輩のナマチンを堪能して、

そのまま中出しもさせちゃいました。

で、

出したての先輩の汁を僕のケツに口付けさせて直接飲ませたり、

悪乗りした僕はやりたい放題(笑)

終わった後、先輩はショックを受けた感じで言葉少なに帰って行ったから、

もう終わりかな、でもまぁ思いっきりナマで楽しめたからいいかと思ってたんだけど。

しばらくして先輩から、

「またやってもらえますか?」ってメールが来た(笑)

「命令に絶対服従するなら」って返事したら

「何でもします」って。

先輩がどこまで堕ちるのか、

これからが楽しみっす。