セックス中毒の友人を誘ってみた

 

88x31_2

 

先日友人に何気にラインしていたら食事しにいくことに。

車まで取りに出て助手席で話してると、

「実は彼女女と別れて溜まってる」と・・・

セックス中毒の友人に合う女を見つけるのは大変らしい。

冗談に「僕が代わりに抜いてやろうか?」と言ってみたら

「マジで?」と、もはや誰でも良いから性欲解消したいらしい。

僕がゲイであることは知っているので

「アナルは最高の締め付けだぞ?」と言うと

早速僕の部屋に行くことになりました。

部屋にあげて、話しながら互いにシャワーを済まし、僕はアナルの準備してベットへ誘った。

友人をベッドに寝かせ、最近ご無沙汰な肉棒をを全身全霊で嘗め上げてあげると、

友人は目を閉じて快感に身を任せ、見る間にギンギンに起たせた。

そして風俗嬢みたいに全身を舐め回し、扱きあげ、

騎上位で僕のアナルに肉棒を誘導した。

グチュグチュと音を立てて奥まで挿入されたら 腰を振り締めあげてやると

「すげぇ気持ちイイ」と腰を使い出した。

上下入れ代わり、正常位で掘ってきた。

「お前のアナル気持ち良すぎ!!」って叫びながらガツガツ腰を打ち付けてきて、

「やべぇイキそう…」

「いいよ!種付けして!」更にピストンが早くなり、

溜まったモンが一気にケツん中に吐き出された。

何度も擦り付けるようにしてイッて、そのまま僕の上に倒れ込んできた。

「マジ気持ちいい…やべぇ、癖になるかも…生やし、種付けだし…」

ごちゃごちゃ言いながら奴は僕にキスをしてきた。

一線を越えた僕たちは、絡み合い、朝までヤリ狂った。

もう友人は彼女作る気は無いらしい

br1