セフレのお兄さんと・・・

 

br1

 

エッチする約束してたヤリ友から連絡がきて、

「もう着くから、鍵開けて、アナル慣らしておっ広げながら待ってろ」と・・・。

僕はケツ割れ穿いて、

言われたとおりにして待つこと数分…。

アナル慣らすついでに仕込んでたドラが効きだして、

ケツの奥がいい感じに疼いてだしたそのとき、

玄関で物音がした。

すぐにヤリ友が入ってきた、

しかもマッパ!!玄関先で脱いできたらしい。

思ってもいなかったエロい姿に、

僕はめっちゃ興奮!

「どや?ちゃんとケツ緩めて待ってたんか?」

「もう、トロトロっすよ。仕込んでるんで、疼いてしかたねぇよ…」

「じゃあ、即効ぶち込んでやるぜ!」

ヤリ友のは自慢の巨根チンコをアナルにあてがうと、

正常位でゆっくりとねじ込んでくる。

しかも生! ヤツの巨根チンコじゃ、

入るゴムがなかなかないし、

僕もすべりが悪くて痛いんだ。

ほぐしておいたのと、

最近ヤツの巨根チンコを受け続けてきたおかげで、

難なく根元まで巨根チンコを飲み込む。

「おい!僕が締めつけねぇアナルがいいの分かってんだろ!? 何度もこのマラ咥え込んでるくせに、

まだこんなキツマンなのかよ? 締めんのは他の野郎と犯るときにしろ!」

「こっ、これでいいっすか!?」

僕はアナルから力を抜く。

「おぉ、いいぜ!いい具合のアナルだ!」

ヤツはそのまま、僕の足を持ち上げて、ガン掘りし始める。

「ああああああっ。チンコが奥にあたるぅぅぅ!!」

「ああん?いいのか、ここがよぉ?」

ヤリ友は、前立腺を擦りつつ、

奥の壁にぶち当てるように掘ってくる。

「うわっ、めっちゃ当たるよぉ!!いいっ、たまんねぇーっ!」

そのままヤツは正常位をベースに、

色んな体位で掘り込んだあと、

マラを引き抜く。

「えっ…、なんで…?」

「今度は鏡の前でぶち込むんだよ。

鏡のまえでケツ穴広げて前かがみになってみな!」

僕は鏡プレイにめっちゃ弱いのをヤツは分かってる。

僕が前かがみで待ってると、

巨根チンコを一気にぶち込んできた。

「オラッ!たまんねぇだろ!?」

「あぁっ、はいってくるぅぅぅ!!」

「見てみろ!鏡にチンコ咥えてよがってるてめぇが写ってるぞ!」

「うわっ、やべぇ。

すっげぇはずいっす」

僕は鏡越しに自分を見て、

そして飢えた雄の目をしたヤツと視線をからめる…。

そのまま、

言葉責めされつつ掘り込まれた後、

またベットにもどり、

今度はうつ伏せになった僕の後ろから覆いかぶさるようにして巨根チンコをぶち込んでくる。

そのまま、

ヤツは腰だけを動かす。

この動きがなんとも言えず、

めっちゃエロくて激しい! 僕はこの体位が、

めっちゃ好きだ。

掘られてる俺は、

ケツのイイ所を擦り上げられるし、

掘る相手も、

めっちゃ具合がいいらしく、

お互いによがり狂うことになる。

そして、

なんといっても、

これで掘られると、

僕はトコロテンしちまうからたまんねぇ!!だから、

僕をこの姿勢で掘ったタチはトコロテンをさせた満足感と、

イクときのアナルのひくつく感じがたまらず、

嵌っちまうらしい。

「おめぇのアナルコ、

最高だよ!マジすげぇーぜ!!」

「僕も、この巨根チンコいいよ!もっとガンガン突いてくれよー!!」

「オラッ!こうか!?えぇっ!?この淫乱野郎!?」

「あああああっ、いい!良過ぎるぅ」

「たまんねぇ!そろそろ、イキそうだ!」

僕のケツを鷲掴みしてくる。

「僕も、イキそう!トコロテンしそうだよ」

「じゃあ、ぶっ放すぜ!どこに出して欲しいんだ!?」

「あぁ、兄貴の雄汁欲しいっす!」

「どこに欲しいんだよ?あぁ?」

「アナルに欲しいよぉー!!」

「よっしゃ!んじゃ、

種付けてやるぜ!!」

「種!兄貴の種汁!!欲しいっス!!」

「あー!イク!イク!!俺のガキ、

孕めー!!!」

その瞬間、

ケツの奥にビュビュッっと大量の雄汁のを感じて、

僕もトコロテンでぶっ放した…。

この後、外に飯食いに出かけたが、

辛抱たまらず、

その飯屋のトイレでぶち込まれた。

そのまま、声を殺して中出し・種付け…。

僕はケツに2発分の種を仕込んだまま、

ウチに帰っり、

3回戦目に突入した。

88x31_2