海中エッチ

 

88x31_2

 

俺は、35歳の海士(あま)をしている漁師のゲイ。

「あま」と呼ばれると

「海女」と間違われ女っぽく勘違いされるので、

自称「潜水漁師」と自己紹介しています。

潜水漁師は、

素潜りでアワビ、サザエ、

伊勢エビなどを獲ります。

高校は県内の水産高校で、

通学に2時間以上かかったので、

男子学生寮に入っていました。

その学生寮は、

密かに上級生が下級生のケツを女のマ○コ代わりに使う伝統があり、

俺も2年生まで、

先輩に掘られていました。

3年生になると、

同じ中学校のイケメン卒業生が入って来て、

小学校の頃から知っていたので、

仲良くしているうちに、

ケツを使わせてもらう関係になりました。

俺は、高校卒業後漁師になりましたが、

後輩は海洋学部生物資源学科に進学し、

卒業後は地元の水族館に就職しました。

後輩も地元漁師の息子だったので、

知り合いの地元漁師から餌の調達や、

展示用の珍しい魚介類の収集担当になりました。

水族館の企画で「タッチ水槽」という、

子供たちが魚介類に触れられる水槽を作ることになり、

生きた魚介類以外に、

ヒトデ、アメフラシ、

ナマコの展示を考えたので、

潜水のできる俺を頼って来ました。

港の船小屋でウェットスーツに着替え、

小型船に乗り岩場近くに錨を下ろし、

2人で潜りました。

俺は素潜り、

後輩はタンクにレギュレターを着け、

岩場のサザエやヒトデを採取。

ナマコやアメフラシも獲りました。

船に上がり後輩の股間を見ると、

竿の形のシルエットがくっきり出ていました。

後輩とは学生寮で男同士の関係もあったので、

透かさずシルエットを握ってしまったwww.

後輩も握り返して来たwww. 港の船小屋に戻り、

ウェットスーツを脱いで、

軽いエッチをした。

その後も水族館のアルバイトは、


月に1回ほどで続いた。

漁業組合の決りで、

商品価値のあるアワビ、

サザエ、ナマコは、スキューバでの採取は禁止で、

俺は素潜り、

後輩はスキューバでの採取となった。

表向きはスキューバの後輩は、

ヒトデ、アメフラシの採取、

俺がサザエ、アワビ、

伊勢エビなどを採取していることになっていたが、

素潜りでは息が続かないので、

海底で後輩のレギュレターを時々咥えさせてもらい、

採取した(秘)

レギュレターを返しながら、

後輩の股間を握ったら硬直していたので、

扱いてやった。

後輩も握り返して来た。

1つのタンクにレギュレターでは長続きできないので、

船に上がり続きをして、

お互いにウェットスーツを脱いで、

海パン1枚で発射まで遊んだ。

後輩の提案で、

水族館のアルバイトではない日に、

お互いに海パン1枚で、

スキューバタンクを背負って海底でエッチすることになった。

器材とウエイトベルトは、

後輩が水族館から借りてくれた。

水産高校時代に、

スキューバの実習があったので、

俺も久しぶりにスキューバダイビングを楽しみ、

海底で後輩と絡み合ったwww.

後輩は、海パンを下げケツまで使わせてくれたwww.

海中では浮力があるので、

どんな体位も楽々できた。

合体したまま海中を漂い、

お互いに果てたwww. その後、

夏には海中エッチをし、

ウェットスーツが必要な季節には、

港の船小屋でエッチを続けている。

今でも後輩とのアルバイトと海中エッチは続いている。

終わり