寝たふりして悪戯される同級生!

 

 

gayjapan

 

大学時代に同じ寮に住んでいたユウリ君と宅飲みをしていた。

ベロベロに酔っ払って上気分になった僕は、

ふざけてユウリ君にスキンシップ多目のちょっかいを出していた。

最初は笑いながら抵抗するユウリ君だったけど、

流石に僕が股間を揉んでるうちに次第にペニスが固くなったので、

一か八かパンツを脱がしてフェラしててやった。

僕が咥えた瞬間、ユウリ君は抵抗するのを諦めて ダターンと無言のまま僕に身を委ねた。

少ししたら僕の口の中に大量の精液を発射したユウリ君。

後処理の時、互いの間に重い空気が流れた。

それから数日後、夜中に突然ユウリ君が僕の部屋に遊びにきた。

あの日以来、ユウリ君に避けられていた僕には嬉しかった。

しばらく会話をした後、急にユウリ君が白々しく

「眠いな~」と言いながら横になった。

フッと見ると、ユウリ君が穿くスエットの股間部分はモッコリとしていた。



アレ?って思ったけど、一応声を掛けても反応の無いユウリ君。

アレレ!!と思いながらも僕は恐る恐るユウリ君のスエットを脱がしてみた。

するとユウリ君はパンツも穿いていなくてノーパンでした。

しかも硬くなったペニスがピョコーンって飛び出した。

僕はユウリ君のペニスに舌を這わせゆっくりと舐めあげてやった。

ビクンビクン反応するペニス、先っぽからはドクンドクンと我慢汁を溢れさせてきた。

僕は根元までしゃぶりつき、小刻みに高速で上下させ攻めてやった。

すると前回同様に早漏気味に発射したユウリ君。

僕は綺麗に吸い取り、スエットを直してやった。

事が終わってから5分ほど経った頃、 突然ユウリ君が目を覚まし

「ゴメン寝ちゃった。」と言い残し

自分の部屋へ戻っていった。

アレは絶対ワザトに間違いない!

来週も来るらしいから、潮まで吹かせてやります。

88x31_2