ドM、ドSに出会い昇天しちゃう

 

gayjapan

 

サイトで知り合った21歳のバリタチ野郎と待ち合わせをしまして、すぐにラブホに入りました。

彼は部屋に入った途端に僕を目隠しにして手は手錠で拘束してきたんです。

僕はドMなのでドキドキしちゃいました!

いきなり「おらっ…ケツ突き出せ…犯されたいんだろ…」と穴を舐められました。

「ほれっ…メス猫みたいに声出して泣け…」

それから指を入れられローション付けてバイブや張り型をズボズボ入れられて、我慢出来ずにチンポが欲しくてお願いしました。

でもドSの彼は全く責めるだけで触れることも許されなかったです。

散々イジられアナルがガバガバになったころに

「これからが本番だから…」って目隠しされたままケツを突き出した状態で椅子に縛られました。

そしたら何か穴に入れて奥まで入れられてから30分たったころに頭がボーッとして体に力が入らない感じで。

彼が「チンポ欲しいか…しゃぶりたいか…」って初めてチンポでじらしてきた。

自分は何故か凄く興奮してて

「チンポをアナルに…」って叫んでました。椅子の上によつんばで縛られたまま

「おらっ…ケツにほしいか…」って穴に先っぽを擦り付けてきた。

そしてしゃぶる間もなく自分のケツにぶっこんできた…


「アッアッ…アン…すごい…アッアッアン…キモチい…」

すごい腰の振りが早くて縛られてるし目隠しされてそのまま15分はガンガンに掘られてました。

そしたら、今度はほどいてくれて目隠しされたまま

「おらっ…壁に手ツイてケツ突き出せよっ…おらっもっとだ…』

突き出した同時にぶっこまれて力強い腰の振りで

『ズッコンズッコン…』っと音がするぐらい掘られて、それから正常位、騎乗位、座位で掘られまくられて

ようやく彼が目隠しを外してくれた。

自分のアナルが泡みたいのがついてて何よりも彼の長い20cm超のチンポが上反っているのが凄すぎって感じで…

『おらっまだ…欲しいか…チンポ入れて下さいって言えよ…』って命令されました。

もちろん欲しかったから

『チンポ入れて…下さい犯して下さい…』って言ったら彼が

『そこに仰向けになれ…』

自分は仰向けになったら両足を持たれてマングリ返しの状態でゆっくりそして激しく彼が

『淫乱…アナルキモチイか…おらっおらっ…』

自分は凄くキモチ良くて

『アッアッ…アン…イッイ…アンアン…』泣いてました。

だんだんスピードが早くなってきて泡が垂れてきて

『おらっイクぞイクッ…』中だしされてしまいました!

少し怖かったけど、半端無い快感を経験できた日でした。

88x31_2