温泉街は興奮しちゃうなー

 

ゲイ動画BidanshiGakuen

 

友達と日帰りで温泉にいこうかということで奴の車で出掛けた。

ここは外湯があるから結構この時期は観光客がたくさん…

ただ今日は平日。

さすがに年配者が目立つ…

温泉につかりに来たんだからまぁいっかぁ。

まず一つ目に風呂へ。

やっぱ爺さんばっかだねぇといいながらさっさとつかり程よく温まって次の風呂へ。

ここはサウナや露天や洞窟内風呂があるからそれなりに楽しめるか。

早速露天へ向かい洞窟風呂へ向かう。

ここも爺さんが多い。

僕達二人は孫みてぇ…

とか何とか話してるとセミロンお兄さん系が入ってきた。

腕には蠍のタトゥーが…

一瞬目があった?まぁ一人やし彼女は隣に入ってんだろうなぁと思ってたけど、このお兄さんすっげぇデカマラ…

ってか長ぇ。

お兄さんは僕達の目の前を前を隠そうともせずブラブラさせながら一番奥につかった。

友達が逆上せるから先に向こういくよって言って室内へ行った。

僕も後から中へ。

身体や頭を洗ってると気付くとさっきのお兄さんが頭洗ってる。

友達と二人で周りを気にしながらお兄さんの方を見る。

やっぱデカいわ…

イスに腰掛けて頭を洗ってるとこを横目で見るとデロリンとマラの先が足の隙間から見える。

あっヤバっ…勃ってきちゃう。

横を見ると友達も半勃起状態…

二人はそそくさと水風呂に入っておさめてからからサウナへ。

暫くするとお兄さんも入ってきた…

また隠してない。

二人の近くに座る。

そのうちにサウナは僕達二人とお兄さんの三人に。

きのせいかお兄さんのデカマラが大きくなってる?

いやでも二人の視線はお兄さんのデカマラにいく…

また大きくなる。

こ・これはもしかして。

僕が平静を装い

『デカいっすねぇ…羨ましいっすよ』と

内心ドキドキしながら声かけると

『そうかぁ?君達のもそこそこあんじゃん』って言いながら

僕のをさわってきた。

ビックリしたけどそれで僕のはビンビンになっちゃた。

お兄さんはニコニコしながら

『ずっと僕のを見てただろ?好きにしていいんだぜ。よかったら部屋に来るか?』って。

そうとなれば早速移動。

聞くと近所に住んでるらしい…

お兄さんの車の後を僕達はついて行く。

部屋に着くと会話なしにいきなりお兄さんは脱ぎだした…

僕達もつられて脱ぐ。

三人共ビンビン状態。

二人抱き寄せられて三人キス…

う~ん唾が身体に垂れてくる。

『お前等ネコか?』

二人共タチもやるけど殆どウケが多いと答えるとお兄さんはニコッと笑いながら『じゃぁ二人共可愛がってやるよ』って。

『お前等で絡んでみろ』

二人は言われるままに抱き合ってキスをする。

ビンビンのマラをこすりつけ合いながら腰を振る。

『中々やらしいね』と言いながら

顔の近くにあのデカマラを持ってくる…

何も言わずに二人はデカマラを両側から舐めあげる。

カリ首や玉の方も唾だらけのテロテロに。

『タップリ舐めとけよ。

後でじっくり入れてやっからな』

二人は顔中唾だらけになって舐めあげながら頷く。

お兄さんは両手で二人のケツをさわりながら指でケツマンを探ってる。

友達と3Pは初めてだったけど妙に興奮して二人共競ってよがりだした。

『まずお前からだ』と僕がお兄さんに引き寄せられる。

激しいキスのあと仰向けにされ

『足を抱えてケツマン見せてみな』

僕は言われた通り仰向けで両足抱えてお兄さんにケツマンを丸見えにさらけ出す。

お兄さんはベロベロケツ舐め出す。

あぁ~気持ちいい…

早く欲しい。

『お兄さんのが欲しい…』と言うと

『じゃぁじっくり入れてやっからな』と

ケツマンにデカマラをあてがうと腰を突き出した。

あっやっぱデカいわ…痛い。

いきなり一気に奥まで掘り込んできた。

僕はうわぁっと叫びそうになるとお兄さんは友達を引き寄せ友達のマラを僕の口に突っ込ませた。

僕はお兄さんにガン掘りされながら友達とキスをしまくる。

声が漏れそうになると友達はより一層キスをしてくる。

僕のケツはもうグチャグチャ…

『エロいケツになってるぜ。

もっと締めながらケツ振れよ』

言われるままに締めながらケツを振る…

デカいから中々思うように締まらない。

お兄さんは友達を引き寄せキスをしだす。

『こいつのケツを舐めとけよ。

後で入れやすいようにな』

僕は顔に跨った友達のケツを舌を使いながらベロベロ舐める。

こいつのケツ舐めるのは初めてだけど毛が無くて結構エロいケツ。



僕は顔中唾だらけ…

友達のケツも唾だらけ。

僕の上で友達がよがりまくってる。

奴の両乳首に洗濯ばさみが。

お兄さんは一旦僕のケツからマラを抜くと今度は友達を抱き寄せる形でお兄さんのマラに跨らせる。

『乗っかってこいよ』

友達はゆっくりお兄さんのマラを自分でケツに入れ込もうとする。

僕は間近で結合部を見てる。

すげぇこうなるんだ…

僕は言われてもないのにズルズル入っていく結合部を舌を出してペロペロと舐めだした。

僕も結構変態だな…

『お前かなりの淫乱だな…好きだぜ変態。こっちこい』と

お兄さんと友達の間に割り込み立たされる。

友達に『こいつのケツ舐めてやれ』と言うと

お兄さんは友達のケツを座位で掘りながら僕のケツを奴が舐めやすいように両手で掴んで広げた。

友達はさっきまでお兄さんに掘られてたケツマンをベロベログチョグチョと舐めだした。

ケツ舐められながら僕のマラは先走りでまくりのビンビンに。

そのマラをお兄さんがしゃぶり出す。

あぁぁ~気持ちいいよ~。

暫くその状態でやってるとお兄さんがいきそうってそのまま友達のケツの中に種付け。

あぁぁ僕もお兄さんに種付けされたかったなぁとかなんとか思ってると『さぁ今度はお前だよ』と

友達のケツからマラを抜き僕を抱えて正常位体制に。

『一気にいくぜ』と言うとさっきイッたばかりなのに萎える事なく僕のケツに掘り込んできた。

『お前の方が変態みたいだからな』と言うと

また友達を顔に跨らせ

『こいつの顔の上で力んでみな』

僕には『さぁタップリ仕込んでるからいっぱい出てくるぞ。

口開けて飲み込むんだ』って。

えぇぇ~そんなぁ…

まさかこいつもそこまでできないだろうと思ってると顔の上で奴のケツがヒクヒクしてる。

まさか…

だすつもり?こうなりゃトコトンお兄さんの言いなりになるか…

僕は奴のケツマンに口を当てペロペロ舐めてやると奴も一層興奮したのか力んで僕の口に種付けザーメンを垂れ流してきた。

僕はジュルジュル音を出しながら舐めとりゴックン。

あぁ僕ってこんな変態だったんだ。

僕は奴のケツをきれいに舐めとりそのままケツを舐め続ける。

『おぉ~この変態。かわいいぜ』と

お兄さんより一層ケツガン掘りしてくる。

跨ってた友達を退かせ僕とお兄さんが激しくキスをする。

お兄さんは唾をいっぱい流し込んでくる。

僕は貪るように飲み込む。

お兄さんは唾だらけザー汁だらけの僕の顔に唾を吐きかけてくる…

それをまたお兄さんは塗りたくる。

ぎゅって抱きしめられながらお兄さんは激しく掘り続ける。

『あっいきそう』と言うと

僕の中に種付けしてきた。

二回目なのにビクビクいってるのがわかる。

お兄さんはケツから抜くと今度は友達に舐めるように命令。

拒むかなぁと思ったけど素直にお兄さんのマラをしゃぶりだした。

『しゃぶりながらこいつにケツ掘ってもらえ』と言うと僕のマラを握って引き寄せる。

さすがにそれはと思ってると奴はしゃぶりながらケツを振ってる…

えぇぇいいのかお前。

躊躇しながらもビンビンな僕は奴のケツに掘り込んだ。

デカマラで掘られてたからさすがに広がってっけど奴の腰を鷲掴みにして掘り続ける。

奴の口からマラを抜くと僕の後ろに回り込み抱きついた。

顔を後ろにして奴を掘りながらお兄さんとキス。

半立ち状態のお兄さんのマラがケツに当たって気持ちいい。

そのまま奴のケツに種付け。

っとなると今度は僕が奴に掘られんだろうなぁ。

やっぱお兄さんはそういう風に命令してきた。

僕は奴のマラを受け入れ種付けされた。

結局予定を変更してそれからお兄さんの部屋で一晩中やりまくり。

何発種付けされて何回イッタたか覚えてないくらいやりまくったよ。

お兄さんは僕達を気に入ったらしく度々呼び出されその都度僕達はお互いの車でお兄さんの部屋へ向かう。

今は僕達はお兄さんに浮気防止だと毛をツルツルに剃られ…

そんな付き合いが始まった。