ジムで出会った細マッチョは絶倫

 

br1

 

スポーツジムのロッカールームで着替えていると、

細マッチョなお兄さんが着替えていました。

パンツのモッコリが目に入り

『うおっ。こちゃ巨根じゃねーか』と思って

更にチラチラで見てたら、

目が合いました。

エロい体格に、

巨根の黄金比にかなり期待してしまった。

着替えも終わりそのお兄さんはサウナルームに入っていき

僕も続いて、まずサウナに入りました。

先客が1人いたのですが、

僕はお兄さんの真正面に座って、

彼が腰に巻いたタオルの中をガン見してたら、

僕の視線に気付いた彼は、

わざと大股開きになって、

いきなりチンポを勃起させ始めました。

彼のイチモツはの大きさと重量感が凄く、

根元からユラユラ揺れてました。

立派な長さもあるし、

エラ張った亀頭の大きさも卑猥で

これぞ男根って感じでヤバイ。

僕も完璧に勃起してしまい、

彼に見られてしまいました。

話しかけられるかなと思ったけど、

何もなく、時間が流れてました。

意を決して僕は立ちあがり、

彼に背中を向けて背伸びをするフリをして、

腰のタオルを取りました。

しかも少し脚を開いて前屈運動をするようにして、

彼の真正面にアナルをムキ出しにして誘ってみました。

彼は僕のアナルを凝視していましたが、

他の人が入ってきたので、

僕はシャワーへと移動しました。

彼はやっぱり僕の真正面のシャワーの仕切りに入ってきました。

シャワーの扉のサイズはアメリカのシャワー?みたいで

扉のサイズが小さく顔と脚は隠れず、

僕はそこに座り込んで、

身体や頭を洗いました。

もちろん丁度正面の彼の下半身は丸見えで、

彼も頭を洗いながら、

相変わらず立派なチンポを勃起させて、

ユラユラさせてました。

僕が下から覗いているのを知ってて、

彼も勃起させたまま中腰になったりして、

こっちを見だしていました。

僕は置いてあったシャンプーとかを取るフリをして、

またお尻を突き出して、

思いっきりアナルを晒してみました。

ついに彼は、大股開きのまま腰を振り出し、

『これを挿入させろ』と意思表示してきました。

さすがにここで挿入は無理なので

彼の部屋に行くことになり、

部屋に入った途端に性欲が爆発してしまいました。

彼は、自分のチンコが巨根で狂気になりうることを自覚してて、

意外にも優しくに時間をかけて、

ソロ~リと挿入れてくれました。

アナルが慣れてくると、

左右の乳首に吸い付かれ、

バッチンバッチン腰をを打ち付けられて、

僕は頭が真っ白になるくらい悶え狂ってしまいました。

僕も、身体が離れないように、

彼の大きな背中・首・腰やお尻にしがみついて、

精一杯オマンコを開きました。

脚は、彼が肩にかつぎ上げたり、

僕が彼の腰やお尻に絡ませたりして、

もうネチネチのすごい交尾でした。

彼の柔らかくて厚い唇は唾液でしっとりと濡れていて、

キスする度に、

たくさんの唾液を僕の口の中に移してきました。

僕は一滴も漏らさないように全部飲みました。

鏡の前で四つんばいで手をついて、

両乳首を刺激されながら、

後ろからガン掘りされました。

デカすぎ巨根が奥まで届いて、

今まで誰も届かなかった場所を初めて刺激され、

この人に犯されてると思うと、

それだけでイキそうでした。

最後はまた正常位で、

淫乱な言葉を投げつけられ、

意識朦朧とした中、

熱いザーメンを授けてもらいました。

全身汗だらけで立ち尽くす彼を見ると

彼のザーメンを受け入れたことが最高に嬉しかったです。

88x31_2