年下のガチムチ柔道部員とエッチしちゃった大学生バイトの家庭教師

 

ゲイ動画BidanshiGakuen

 

大学二年のセイジです。

高校までは野球してました。

バイトで家庭教師してます。

教えてるのは今中二のハヤト。

小さいころから柔道してるらしく短髪で、

背は低いけど体はムチムチしてます。

ハヤトは彼女がいるらしく、

いつも俺に昨日は何発やったとか自慢してました。

俺は根っからの男好きだったけどハヤトが激しく腰振ってるのを想像したりしてシコったことも何度もあった。

ある日、

ハヤトに「先生ってしたことないの?」って聞かれてからそれは始まりました。

「先生ってしたことないの?」って聞かれた俺は、

「えっ、あるって!おまえなんかよりうまいって☆」ってとっさにウソついちゃいました。

実は俺、バリウケなんです…。

ハヤトは「ふーん、先生イイ体してるから彼女イかせまくりだった?」

俺は「あ、あたりまえだろ!!一日中つながりっぱなしとか普通だったから☆」とか

またウソをついちゃいました…。

中二の前ではついちゃいますよね?。

その日はそんな話ばっかりして終わったんですが、

俺はいつもまにかやばいくらいエッチのうまいでかちん、

ってことになっちゃいました。

ハヤトはどんどんエスカレートして、

次の家庭教師の日にはどんなシコり方してるとか、

一ヵ月後にはちんちん見せ合ってしまいました。

でかさはなんとかハヤトに勝ちました。

そんなこんなでちんちん見せ合ったりするのが抵抗なくなってたときに、ハヤトが突然、

「なぁ先生、アナルセックスってしたことある?」と聞いてきました。

俺は正直かなりドキっとしたけどこれまでの成り行き上、

「知ってるも何も大好きだから、へたすりゃマ●コより気持ちいいし」って言ってやったら

ハヤトは食い付いてきて、

「うわぁやっぱ先生エロいわぁ、俺もやってみたいなぁ。

でも彼女にはやらせてとか言えないしなあ」とぼやいたので、

「あんだけエッチしまくってまだヤリ足りないのかよー、若いなぁ笑」とかからかってたら、

「…先生にもマ●コはないけどアナルはあるよねぇ?」と

ニヤニヤしながら見つめてきました。

俺が「えっ?」とびっくりする間もなくハヤトは俺に襲い掛かってきました。

体は俺のほうが断然でかいんだけど、

突然襲い掛かられた俺は床に押し倒されて、

ハヤトが馬乗りになってきました。

「ちょ、こらふざけるなって、どけよ!」って言ったんだけど、

ハヤトは

「アナルは男も女も関係ないから先生相手して☆昨日彼女としてなくて溜まってるのに先生エロい話するからもー我慢できない!」と言って

さっさと自分の着てる服脱いじゃいました。

自分の上に馬乗りになってる全裸のムチムチ中学生…、

誰だって勃ちますよね?余裕でハヤトに見つかりました

「なぁんだ、先生もヤル気満々じゃん☆しかも先生男だから中出しし放題だし!ほら早く脱いでよー!」

もう抵抗できませんでした、

とゆうか我慢できませんでした(笑)

潔く脱いだ俺は

「しょうがないから今日は特別ケツ貸してやるけど、、痛くすんなよ?ヤリ方は教えてやるから言う通りにしろ、わかった?」と言って

なんとか主導権握りました。

ハヤトは「はぁーい!先生はやくはやく!俺もう我慢できねー!」と言って

ちんちん見せ付けてきました。

その我慢汁でビショビショのちんちん見せられた俺はこれからこれに掘られるのかと考えたら

自分のちんちんからも我慢汁が垂れてきたのを感じました。

俺はまずハヤトのちんちんをつかみ

「俺男だけどほんとにいいのか?」て聞きました。

ハヤトは「うん!てかもう我慢できないから早くヤラせてよ!」と言ってきたので、

「じゃあまず濡らさなきゃいけないからさ、

舐めてくれよ」って言ったら

ハヤトは「はぁーい!ケツ舐めるのなんて彼女以外では先生が初めてだよ?」と言って

俺の両足をつかみガバッと開いてケツにむしゃぶりついてきました。

俺ははじめは我慢してたんですが限界がきて、

ハヤトの頭をつかんでケツに押しつけながら

「あぁ、やべえ気持ちイイ、もっともっと、あぁ」て喘ぎまくってたら

ハヤトは頭をあげて「先生声出しすぎ!女じゃないんだから笑 もういいよね?先生の処女いただきまーす☆」と言い、

我慢汁垂らしまくってピクピクしてるものを正上位で突き刺してきました。

俺はもう処女じゃあないんだけどなぁと思いつつ、

久しぶりの快感に耐え切れず声出しまくってしまいました。ハヤトも「うわっ、すっげー締まる!アナル最高!」と言いながら

ガンガン腰振ってきました!

幸いその日はハヤトの親は出掛けてたんでよかったです。 そっからはもう主導権はハヤトでした。

正上位で10分くらいで一発イッたあとはバックで一発、

横からのやつで一発、立ちバックで一発、騎乗位で二発、

それからまた正上位で一発イキました。

三時間くらいでした。

もちろん全部中出しされて、

最後のほうはケツからハヤトの精液があふれてきてました。俺はと言うと、

触ってもないちんちんから精液がだらだら垂れて、

生まれて初めてトコロテンさせられました。

最後に風呂場で立ちバックで一発中出しされてその日は終わりました。

終わったあとでハヤトはニコニコしながら

「先生のアナル締まりすぎてイキまくっちゃった!今度のかてきょのときもヨロシコ☆」と言ってきたので

「勉強ちゃんとしなきゃヤラせてやらないぞ!」と言ったら

「先生はそれでイイのー?」ってケツに指入れてきたんで「あぁ、たまんないって!なあ、もう一発くらいできる?」って誘ったら、

「これから彼女と遊ぶからおいとかなきゃ!」って言われました。

中学生は元気すぎます!。

それからは勉強しつつ隙をみては仲良くいろんな場所でヤッたりしてます!

88x31_2