後輩とうつ伏せで・・・

 

br1

 

いつものように俺の部屋に一年の後輩がやってきて

後輩のケツマンを掘っていた。

週に1~2回、10ヶ月以上たつし会えば最低2発はやるから

今まで100発以上種付けしたことになる。

最初にやったときから毎回必ず種付け。

俺はあまりオナニーが好きではないので極力溜めてイクのはいつもアナルの中。

後輩はもう一人いるのでどちらかのアナルで。

正常位で掘っていると今回は後輩は早めにイッてしまい

俺はイキそびれちゃったので休憩して一服、

ネットのエロ画像を見ていると後輩は後ろのベッドで寝息を立て始めた。

後輩が好きなネットのエロ画像を見ているとなんだか興奮してしまい、

後輩を振り返って見ると裸のままうつぶせになって眠っている。

それを見ていたらさらに勃起してきたのでちょっといたずらしようと

俺のチンポにオイルを塗ってそいつには手を触れず直接チンポからケツマンへ挿入してみようと

ゆっくり体重をかけていった。

すると(さっき1回掘っていることもあり)すんなりと根本まで入って

妙な興奮がさらにチンポを堅くした。

うつぶせのまま後ろからゆっくりと抱きつきチンポを出し入れしたりかき混ぜたりしていると

普段とは違った快感があって

(しごいたりせず自然な感情にまかせたせいか?)

さらに興奮したがいつもどおりゆっくり腰を動かしながらからみつくケツの感触を楽しむ。

浅い場所の方が好きなのでじっくり浅く出し入れしてたまに奥までズンとつくのがいつものやり方。

後輩もいつの間にか起きていて息をだんだん上げながら感じている。

脇の下から手を回し羽交い締めにしながら速度を上げる。

30分くらいずっとその体勢で掘り続け、

こみ上げてくる快感を楽しみ、

後輩の耳元で「やべ~イキそう」というと

「いいよ!イッて!」と。

速度を上げていき身動き取れないよう羽交い締めに力をかけうつぶせの後輩のアナルの一番奥に向かって思い切り射精した。

スゲー気持ちいい!

一瞬目の前が真っ白になる。

最初の挿入から結構じらされていたこともあり

「ビュッ!

ビュッ!

」とザーメン流し込む音が聞こえた気がした。

後輩も「すごい!

イッた瞬間がよくわかった」って興奮しながら言っていた。

気持ちいいセックスの時は特にイッた後もチンポが堅いままなのでつながったまま体勢を横向きにし、

うしろから挿入したまま抱きしめる。

気がつくと心地よい疲れでつながったまま2人とも寝てしまっていた!

明け方になって目が覚め、

2人でそのまま寝ちゃったねと笑う。

トイレに行かなきゃって後輩があわてて立ち上がって

風呂場に向かう途中でケツから流れたザーメンがビチャッと床に落ちる音がした。

gayjapan