公衆トイレで淫乱学生を掘りまくった話

 

br1

 

この前、溜まってたので掲示板に誰でも良いからケツ貸して!と書き込んだところ、

10代の学生から返信があった。

バックだと顔も見えないからとにかく抜きたくて

公園の身障者用トイレで即堀り出来るようにケツマンにローション塗って

洗面台に向かってケツ突き出して待ってるようにとメール入れた。

公園に向かう途中、

準備出来ましたとウケ学生からメールが入った。

俺のマラはとにかく抜きたくてギンギンに勃起してたので、

トイレへと急いだ。

トイレに入る直前でウケ学生に鍵開けて、

ケツ出しでいろとメールすると、

そうしますと返信がありトイレに到着。

トイレに入るとウケ学生は言ってもないのに

全裸で洗面台に上半身を乗せてバックで出来るようにケツを突き出して待ってた。

照明が点いていたのでウケ学生のケツが丸見えで、

若い男子特有のプリント引き締まった美尻だった。

俺は下半身だけ脱ぎ、

ウケ学生に近づいた。

俺はウケ学生のケツを掴み、

左右に拡げて準備出来てるかどうか確認した。

ウケ学生はメールの指示通り、

ローションをたっぷり塗ってやがったので、

まだすぼまったウケ学生のアナルに早く抜きたくて

ギンギンになったマラを押し当てた。

ウケ学生のアナルはすぼまりをゆっくり緩め

俺のマラをズブズブと根元まですんなりと受け入れた。

すぼまって見えたアナルのわりに入り口は緩めで即掘りには丁度良い感じで、

gayjapan

いきなりガンガンに腰を振って突き入れてやった。

とにかく早くぶち込みたかったので、

生で入れてやるとウケ学生は

「はぁ~」と喘ぎながら腰を押し付けてきた。

すぼまって見えたウケ学生のアナルは入り口こそ緩かったものの、

奥は絡みつくトロマンで2週間は溜まってた俺のマラは、

すぐに出そうになった。

ウケ学生は外出しでケツにかけてとメールで書いてたが、

俺はお構い無しに一気に中出ししてやった。

ウケ学生は半泣きでいたが、

入れたままのアナルはヒクついていた。

俺のマラは溜まってたせいもあって

一発抜いた程度じゃ治まらなかった。

入れたままでいるとウケ学生のアナルの奥は絡みつくようにヒクつき、

その刺激で俺のマラはほとんど萎えずに二回目の勃起。

半泣き状態のウケ学生のケツを又、

ガンガン突き始めた。

ウケ学生も半泣きのまま、

突きに合わせてケツを前後にゆすり始めた。

トイレ中にローションと一発目の俺のザーメンでグチョグチョのウケ学生のアナルと

俺のマラが出す音がジュブジュボと響きウケ学生のアナルは奥深くに入るように

ケツをガンガンと俺の腰に打ち付けて来た。

俺は二発目も中に全部吐き出し、

すっきりしたので帰り支度をしてトイレを後にした。