新入生が部活の先輩に廻されてる・・・

 

高校に入学して1カ月後のことです。

いつものように1年生で体育館の掃除をした後、

部室のドアを開けると、

3年の先輩が2人残っていたんです。

まあ、そんな事は気にせず、

着替え始めました。

早く帰りたかったから、

汗で汚れたユニフォームを脱いで ジャージに着替えをしていたら先輩達が僕に近寄ってきた。

そしてニヤニヤしながら僕の体をチャックしだしたんです。

僕は恥ずかしくて真っ赤になっりました。

だって、

2人とも学校でとても人気のあるイケメン。

すると、先輩達が、

後ろから僕に抱き付き逃げれないようにした。

僕は今になって嫌な予感がして逃げようとした。

しかし、B先輩に抱き付かれているので、

どうにもできない。

A先輩がゆっくりと近寄ってきた。

そして僕の顔を覗き込んで、

「優ってカワイイ顔してるよなぁ。

ここもピンク色だし~」 そう言って、

僕の左の乳首をキュッと摘んだ。

「あぁっ」僕は思わず声を漏らしてしまった。

するとB先輩が首筋に軽くキスをした。

それにもビクッと僕は反応した。

2人は目で会話し、ニヤリと笑った。

B先輩が、

突然僕の体を後ろに引っ張って僕を机の上に倒したんです。

そして起き上がる間もなく、

A先輩が押し掛かってきた。

そして、僕の右の乳首を音を立てて舐め 左の乳首は指で弾かれたり、

潰されたりしている。

その度、体がビクンッと魚のように跳ねてしまう。

僕のちんこは既にパンパンに勃って、

先走りを流している。

既にパンツはびしょ濡れでお漏らしをしちゃったみたい。

横で見ていたB先輩がそれに気付いた。

「おいおい、優のペチンコ、超勃起してるぜ。」

A先輩は乳首を舐めながら、

僕のズボンを脱がした。

僕はパンツ1枚になったが、

先走りで濡れているため透け透けで、

あまり意味をなしていなかった。

「見てみろよ。ピンク色に充血して美味そう~」

そう言って、

乳首を舐めるのをやめ、

パンツの上からフェラを始めた。

「やぁ・・・イッちゃう…ダメ…」

僕は1分ももたず、

パンツに大量の精液を出した。

「声出しすぎ。口塞いでおくか」 B先輩はそう言って、

ズボンのファスナーを下ろし、

パンツの中から大きなちんこを取り出した。

黒く太い先走りでぬめぬめ光っている特大ちんこが、

僕の小さな口にねじ込まれた。

「むんっ…うんんっ…んふっ…」

B先輩のちんこはデカすぎて、

先端を含むのがやっと。

「おい、舐めてみろ」

僕は恐る恐る舌を這わせた。

ぎこちないながらも、

一生懸命舐めた。

「いいよ…気持ちいい…」

僕は褒められたのが嬉しくて、

更に一生懸命舐めた。

すると、B先輩が突然口からちんこを抜いた。

ドピュッ…B先輩のちんこから、

精液が僕の顔目掛けて降ってきた。

一瞬、何が掛かったかわからず茫然とした

僕の意識を引き戻したのはアナルに感じた違和感だった。

B先輩のちんこを舐めている間に、

A先輩は僕の精液付きパンツを脱がし、

膝を立て大きく開き、

アナルなどを丸見えにしていた。

B先輩は僕のグッチャグチャになったパンツを拾い上げ、

僕の口に押し込んだ。

ザーメンが付いていると考えると興奮して、

先走りがタラタラと流れ落ちる。

A先輩は、

その液と自分の唾で濡らした指を2本、

アナルに突き刺した。

「んんー」 濡らしているとは言え、

いきなり2本入れられ、

すこし痛かった。

br1

ビックリしてパンパンだったちんこが萎えてしまった。

しかし、

A先輩の手は止まらず、

何度も抜き入れを繰り返した。

すると段々痛み以外の感覚が襲ってきて、

萎えていたちんこもまたパンパンに勃ち、

先輩のリズムに合わせて腰を振った。

「んっ…んふっ…んんっ」 段々痛みが消え、

快感だけが僕を襲い始めた。

先走りは止めどなく出て、

アナルの方へ流れ落ちて行く。

しかし、

アナルを弄られるだけじゃイケなくて僕は、

自分のちんこを握り、

扱き始めた。

B先輩はそんな僕を見て、

また興奮したのだろうか、

先輩も自分のちんこを扱き始めたのだ。

でも、

僕はすぐにB先輩を見ている余裕がなくなった。

ちんことアナル両方から快感が押し寄せて、

あっという間にイッた。

「んっ…んんっ…んんんんんっ…」

自分の顔にまで生温かい精液が飛んできた。

B先輩と僕の精液で、

僕の体はもうベトベト。

僕がイッた後、

A先輩はゆっくりと指を抜いた。

僕はこれで終わったと思った。

しかし、

その考えは甘かった。

B先輩が部室のドアを開けると、

他の3年生の先輩達が上半身裸で ニヤニヤしながら入ってきて一斉にパンツを下ろしたんです。

そこには1年の僕とはまったく大きさの違った肉棒が・・・

そこから全員に輪姦されお腹いっぱいにザーメンが溜まったところで 解放されましたが、

泣きながら着替えをしてると

力を入れてもアナルからザーメンが漏れ出してきて大変でした。

もう普通の学生生活はできないかもしれません・・・

88x31_2