僕は月に一度、部室で肉便器になる・・・

 

br1

 

月に1度だけど、

同級生の種壷にされる日だ。

放課後になり僕は素裸に汚れたサカユニを着けて待つ。

ケツの部分は大きく裂いてあり、

腰を落とすと、

丸いケツは剥き出しになり、

そのままアナルが丸出しになってスースーする。

鍵のかかっていない部室のドアがいきなり開いて、

奴が入って来る。

柔道部の奴は、

汗臭い道着のまま、

ズカズカと入って来て、

待機する僕の前に仁王立ちになった。

僕は奴の股座に顔を埋める。

むさ苦しい男の匂いにクラクラとなりながら、

ズボンの上から顔を擦り付けて、

既に勃起したモノを愛撫する。

「何、ちんたらしてんだ!早くしゃぶれ」、

同い年の叱責に僕は震える手で、

ズボンを降ろし、

腹を打って跳ね返るチンコを咥える。

僕の頭を腰に押しつけ、

喉奥まで深く犯して来る。

興奮している僕を押し倒し、

ひくついているアナルにチンコをぶち込み、

乳首を潰しあげる。

悲鳴を上げる僕を奴は嘲笑い、

gayjapan

僕の乳首を捻り上げた。

悲鳴を上げる僕を奴は嘲笑い

「ギンギンじゃねーか」

快感が全身を駆け巡り、

奴を求める。

「おお、いい具合になってきたな」

蠢くヒダが固いチンコに絡み付き、

僕は時間の感覚をなくした。

何時間経ったのか、

奴は2度、3度と遂情を繰り返し、

アナルは種汁を垂れ流している。

意識を取り戻した僕に、

「ちょっと我慢しろよ、いい思いさせてやるぜ」

「ケツ上げて穴開け」言われる通りにする。

穴の少し奥に何か塗っているのか、

穴の中をなでている感触がする。

腰に枕を当て、固定させると、

「動くなよ」数秒の鈍い痛みが何度かして、

僕はたじろぐ。

「凄えぜ、アナルの奥まで丸見えだ」

指でしばらくなぞっていたが、

やがて押し拡げられるきつさとともに手が入って来た。

さらに奥に侵入してくる。

身体が沈んでいくような快感に、

僕はなす術もない。

開き切ったアナルに奴は拳を埋め込み、

小便を注ぎ込み、さらにかき回す。

快楽の極みを尽くしたような夜は終わった。

僕は、

もう彼なしでは生きて行けない性奴隷だ。