トラックドライバーに恥ずかしい姿を見られた学生さんは・・・

 

br1

 

学生時代にエッチな雑誌を買ったけど、

家に持ち帰ると家族にバレるから、

コンテナ埠頭の人気がなく交通量も少ない道路の路肩に車を止めて、

街頭の光だけの中で、

エロい男のガタイ写真見ながらシゴいてたらガラスをノックする音が…。

「ヤバい!路駐の取り締まりでおまわりさんでも来たか」って思って慌ててズボン上げて、

ノックする方を見るとガタイのええ色黒なトラックの兄貴が、

ニヤニヤしながら自分の股間を触ってやんの。

エンジンかけてウインドウガラスを開けると

「兄ちゃん、俺のトラックで交尾しようや」って。

もう僕のチンポはギンギンに勃起して、ケツも疼きまくり、

拒否するはずもなく、

僕はトラックの助手席に。

gayjapan

兄貴は運転席に戻るやいなや汗臭そうなTシャツを脱ぎ、

ピクピクと動かせそうな大胸筋とパックりと割れた腹筋を

「どうや」って言わんばかりに見せびらかし、

はち切れそうに勃起したジーンズの中に手を入れて僕を挑発してきやがる。

もう我慢できずにジーンズのチャックを乱暴に下ろし、

僕は、

その蒸れたデカチンに舌を這わし、

思いっきりフェラしてやった。

兄貴が「お前も裸になれや」って言うんで、

マッパになってしまった。

兄貴もマッパになってて、

何やら液体のような物を自分のチンポに塗りたくってる。

「ケツいけるんやろ?」って聞くと

同時に僕を押し倒して足を乱暴に上に持ち上げ、

前戯もなしでギンギンに勃起したデカチンをケツにブチ込んできた。

不思議と痛みがなく、

反対に有り得ない状況に興奮してメチャ気持ちええ。

けどよく考えてみるとゴムつけずにナマで突っ込まれてたような…。

けど、そんなことどうでもええ、

気持ち良けりゃ何でもありやで。

僕は一番感じるバックの体位になって、

自分から腰を振ってデカチンをピンポイントに当てまくった。

兄貴が「エロい兄ちゃんやなぁ、

絞まり具合が堪らんで」って言いながら、

僕の背中に舌を這わし僕の汗を舐めまくって、

キスしてきた。

舌と舌を絡ませながら、

後ろから突かれるのは堪らん。

最後は初めて経験した中出し。

奥までザーメンをタップリ注がれて、

僕のケツマンは汗とザーメンで、もうベトベト。

兄貴、また交尾しようね。